結婚は契約ですが重いからといって結婚しないのは極端すぎます

 

日本の民法上、(※結婚)は、婚姻と表現されています。

結婚は、法概念上、婚姻という言葉を用いられます。

法的に夫婦として認められることです。

 

※ 広辞苑 男女が夫婦になること。婚姻。

 

 

hw20160708492115_tp_v結婚と婚姻は、元々、中国から伝来してきた文字を使っているので、どちらも同じ使い方をされています。日本では、結婚の方が一般的になってきています。

結婚相談所も婚姻相談所でもいいわけです。しかし、婚姻というともっと契約的な書類に印鑑を押すイメージがあります。

あくまで、イメージですが。
重いイメージというのでしょうか?

一度契約を交わすと解約するときに面倒なことになるようなイメージが・・・拘束されて自由ではなくなってしまうイメージが、人生の終焉のイメージが。
ですが、恋愛結婚している人は、そんなに重いイメージはもっていないと思います。結婚したい気持ちの方が強く、契約したい気持ちの方が上回るのではないでしょうか?

シンプルに結婚相談所で出会いをつくるので、結婚をシンプルに考えてみてください。
少子高齢化社会対策ををシンプルに考えると、結婚して子供を産むことです。ただ、不景気という言葉が出てきたり、何かとシンプルに考えることができない世の中になっているので結婚相談所は必要とされています。

不景気は結婚を遅らせます。
実際、日本の現状は、結婚まで手が回っていません。

「浅はか」や「単細胞」と「シンプル」は全く、違います。
ものによります。ことによります。結婚はシンプルな方が良いと思うんです。
他のことは、さておいて、余計な概念は省いて、結婚は、シンプルに考えましょう。
出会いってシンプルなものでしょう?
結婚は契約ですが、重いからといって結婚しないのは極端すぎます。

結婚相談所で婚活してみてから結婚しないという決断を下してください。最初から、結婚を回避しないでください。結婚相談所を知りもしないで、入会しないと決めてしまうのは、決断ではなく、ただの回避行動です。結婚相談所マリアージュは、少子高齢化社会や、現在の結婚事情などお話ししています。結婚相談所に入るかどうかの決断は、マリアージュの仲人の話を聞いてからにしてください。足を運んでから決めるのでなければ、それは、決断ではなく早急な回避行動でしかありません。