理想が高い女性に選ばれる優越感よりも自分の理想にあった女性をとる

以前もブログに書きましたが、女性の婚活適齢期は、20代前半~29歳までなんです。

この場合のコンシェルジュ佐藤の言う適齢期とは、女性が好条件の男性を選べる年齢のことを言っています。

極端に言ってしまうと29歳までは男性を選んでいた立場だった女性も30歳になった途端、男性に選ばれるようになるので不利な婚活を強いられることになります。
もちろん一概には言えませんし、この場合に当てはまらないこともあります。
人より秀でた特技のある女性などがこの場合に当てはまらず、年齢に関係なく?余裕をもって婚活しています。
選ぶ方が選ばれる方へ、ブイブイ言わせていた側がブイブイ言わされる側へ、不利な立場での婚活を強いられるようになるのが、婚活適齢期の20代前半~29歳を過ぎた30歳~。

考えてみてください。
遊び目的や結婚する気もなく付き合うことが目的の男性ですら、付き合う女性は30代より20代が良いと言うのに結婚は女性にとって更に不利になっていくんです。
結婚の方が重いし重要な決断だからです。

そんな遊びや恋愛目的の男性と婚活適齢期を過ぎた女性が間違って付き合ってしまうと余計な年齢を重ねることになり、別れたころにはもっと不利になっています。
そして、男性の中には35歳を過ぎた女性に偏見を持つ男性もいます。
「何か結婚しない、できない理由があるはずだ」と。
「どんな理由であれ、結婚していない35歳過ぎの女性を選ぶ男性は物好き」と。
結婚していなくて当然の若い女性にいきたがるんです。

理想が高い女性に選ばれる優越感より、自分の理想にあった女性をとるんです。
基本的に、男性は年をとっていくほど若い女性に移ります。
例えばですが、10代~ずっと年上好きだった男性がある年齢を境に年下と付き合うようになったりとか。
また男性は、50代になってやっと気がついたときには時すでに遅く、40代ならまだ相手にされていたであろう相手にいつしか相手にされなくなっていることにやっと気がつきます。
やっと目が覚めて、20代の女性と結婚したければ遅くても自分が30代までに結婚しておくべきだったと後悔するようになります。
それまでは、ひたすら、相手のことよりも自分のことを優先して考え続けます。理想を追い求めます。
結婚を意識している35歳過ぎの女性の方が若くて人気のある結婚に需要のある女性よりも結婚できる可能性が高いとわかっていても自分好みの20代の若い女性と結婚したいと思っています。
理想の高い似た者同志が交わることは難しいのです。

「婚活における反発の法則」です。

20代の女性の結婚相手がみんながみんな好条件とは限らない理由

a0001_008208

 

言うまでもなく、女性が好条件の男性と結婚するには、若ければ若いほうが有利です。
女性もわかっているはずです。
「すべての男性が若い女性が好きなわけではない。」といってもそんな男性は実際には少ないということを。
「年上好きの男性もいないわけではない。」といってもそんな男性は若い男性が多いということを。

特に日本の男性は、年齢以外は全て理想的な女性であったとしても年齢のみで結婚の対象にならないということがあります。

※少なくても今までは、20代に結婚をしてしまった人の方が結婚していない人よりも多いのですが、みんながみんな理想の相手と結婚しているわけではないということも重要です。

(※これからは同数、そして逆転していくかもしれません。徐々に20代の間に結婚しない人は増えています)

女性は年齢を重ねていき、昔とは違うことに気がつきはじめると焦りはじめます。
焦りが20代の時よりも結婚相手に求める条件を高くする原因となります。
仲人や親に若いうちに結婚しておいたほうがいいと言われていたとしても気がつく人は言われなくても気がつくし気がつかない人は言われても気がつかない。
人に言われても気がつかないけど自分自身がその立場になったり、経験してはじめて気がつくことが人間多いと思うんです。

しかも、20代の女性の結婚相手がみんながみんな好条件かというとそんなことはないはずです。
身近に好条件の男性が沢山いるわけもないからです。
そこから抜け出すために結婚相談所や紹介を利用する人は沢山身の回りにもいるはずです。
そして20代は20代で好条件の男性の取り合いです。

結婚相談所は全国から探せます。
身近に絞るより全国に広げる。条件は狭く絞る。
そんなイメージではじめて結婚が見えてくると思いましょう。

マリアージュには不肖ながらこの熱血コンシェルジュ佐藤もついています。
失礼な言い方かもしれませんが周りにいる人よりもずっと経験のある強者たちが沢山ついています。
仲人協会には親でもわからないことを知っている仲人が沢山います。

身の回りに20人しかいなくても結婚する人だっています。
たったの一回のお見合いで結婚する人だっています。

若い頃のように選んでいては、結婚できないことをわかった上でお見合い相手を選んでいきましょう。
相手の男性は、ある意味自分の婚活の敵だと思ってください。
特に人気のある高収入、高身長、高学歴の男性は、あなたを見てもくれていないと考えるんです。
知らないと思って隠れてソートしているような男性は婚活の敵だと考えるんです。
そんな人気のある高学歴、高身長、高収入の男性と運よく結婚できる女性は東京にも一握りしかいません。
元々東京にもそのような理想の高い女性に人気のあるような男性は絶対数が少ないからです。

「敵を知り己を知れば百戦危うからず」 孫子の兵法より

高収入、高学歴、高収入の男性に挑める女性は基本20代。
若い女性は、花嫁修業など人より秀でたものや特技を身に着けることにおいても有利です。
若い女性が積極的に狙わないような高身長、高学歴、高収入の男性でバツイチ、子持ちや50代の男性を狙うんです。
とはいっても20代の若い女性はやはりライバルですが。

キツイことを書きましたが、婚活に絶対に必要なことを理解していないと、いくらがんばってみても婚活が無駄になってしまいます。

もう一度自分に問いかけてみてください。本当に自分は結婚したいのか?

現在の日本の社会において女性は、仕事と結婚のどちらかを選ばなくてはいけません。

仕事をとるか結婚をとるかのような選択を強いられます。

仕事をとる方が後悔するのではないでしょうか?

たとえ、結婚をとって離婚することになったとしても。

結婚に失敗できないと強く思う気持ちが、相手の条件を高くしてしまいます。

「男と女の似た者同志は結婚するまでは交わらず、お互いを理解せず。結婚してはじめて交わり、お互いを理解する。」

男女の結婚相手への条件の行き違いは、結婚にとって大きな支障となります。


15-300 x 250 px

14-300 x 250 px