結婚しずらい現代に結婚相談所は必要とされています

 

young-woman-taking-a-photo-with-her-iphone-picjumbo-com

 

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

昨年、マリアージュが函館にオープンして以来、早8ヵ月、まだ1年経っていないのですが、オープン以来アッという間に月日は流れ、沢山の会員に恵まれました。お見合いも多く組むことができており、交際中に新年を迎えることになった会員も多いです。

普段、テレビはほとんど見ないのですが、お正月番組で、昨年結婚した女子アナが、「昨年の今頃は、結婚した旦那さんと付き合っていなかった。」と言っていました。

昨年の今頃は、まだ、交際していなかった・・・
人生、先のことはわからないものです。
何かをしなくては、何も始まっていないかもしれません。
まだ、入会していない結婚相談所で、今年結婚することになるかもしれません・・・

マリアージュは、会員が少ないと言えば少ないかもしれませんが、多いか少ないか、感じ方には個人差があります。
個人差はあるとはいえ、正直、会員は多いです。
ただ、男女比という意味では、女性の方が多いので、男性の方が会員数を多く感じると思います。

また、全国に1000以上の結婚相談所と約1500人の仲人と男女合わせて約10000人の会員がいるので、「結婚に最短」と言っても過言ではないサービスを提供することができます。

少子高齢化社会の現在、昔と違って結婚をしたくてもできなくなってきております。
不景気、若い人の都市部集中、何よりも子供が生まれてこないことで、若い人の絶対数が足りないのです。
日本は、お見合い結婚が主体で昭和の中旬ころまできていたというのに、仲人が極端に少なくなってしまったことなど結婚しずらくなってしまった原因は多岐にわたっております。

結婚相談所が増えてきたのは、そういった結婚できなくなってきている世相を反映しております。
仲人がいなくなって結婚できない人が増えてきた。そこで、現代に合わせた結婚相談所が増えているのです。
世の仕組みの一つ、需要と供給です。
正直、結婚相談所には、ニーズがあります。
本当に独身が多く、生涯未婚者が今後多くなることが予想されており、現実に今、増えています。
ニーズがあるのですから、結婚相談所に、20代も増えており、30代40代を中心に、50代、60代、70代、80代まで入会しております。
実際、高齢化社会は、若い世代が少ない図式になっており、若い世代同士で結婚できればいいのですが、若い時に結婚しておかないと、30代、40代となったときに、若い人とは結婚しずらいので、極端に言ってしまうと、30代は30代、40代は40代と結婚しなくてはいけないのですが、男性は、若い女性と結婚したいと願う男性の本能のようなものがあるので、30代、40代の男性は、20代と結婚したいと願い、20代の女性は、絶対数が少ない上に、30代、40代の男性よりも、若い男性と結婚したいと考えていることですれ違いが生じてしまっています。
もちろん、若い女性の中には、30代、40代、50代と結婚してもいいと考えている女性も少なからずいることから、結婚できてはいますが、若い女性の絶対数が不足してきている今日、結婚できない30代、40代が増えてきていることは明らかです。
もし、結婚できないと思っているのでしたら、結婚相談所に足を運んでみてください。
結婚しずらい現代、あなたは、結婚しずらい考え方をしてしまっているかもしれません。
昔は、例え年収の低い男性との結婚でも、1人よりは2人の方が豊に暮らせるという考えで、親も本人も考えていたようです。
今は、一部の若い女性が、玉の輿に乗ることはあっても、結婚する前から、選びすぎてしまって、結婚できなくなっている節があります。
結婚相談所は、そういった男女の結婚のすれ違いを防ぐこともできます。
結婚相談所に入ったからといって結婚できる人はできるしできない人はできませんが、結婚相談所に入ったから結婚できないということはありません。ありえません。

 

 

 

 

 

たいていの人々は

 

 

 

 

運命に過度の要求をすることによって

 

 

 

 

自ら不満の種をつくっている

 

 

 

 

 

 

フンボルト

 

 

 

 

女性がどういう決め手で結婚するべきか

 

 

ball-1845546_640

 

女性が結婚相手を選ぶ時にどういう男性を選ぶことが理想的か・・・
あくまで理想でしかありませんが、基準の一つは、友達の多い男性か?です。裏切り、略奪、策略家では、いつしか、周囲は離れていきます。二股、三股の男性もしかりです。それなりの女性としか上手くいきません。
本当の友達と呼べる友達は、1人2人いればいいほうという考え方もありますが、上辺だけの付き合いや表面上の付き合いもあるものの、本当に結婚相手としての理想の男性は、周りから厚い信頼を得ているもの・・・仕事でも尊敬されている男性です。

本当に人間的に優れている男性は、人によって態度を変えたりしないものです。
一緒に食事にいったレストランで、店員さんにきつく当たったり馬鹿にしたような態度をとっている男性は、上にはペコペコ、下には偉そうな態度をとる男性として生きてきており、これからも変わることはないでしょう。
自分に対する態度と他人に対する態度が余りにも違う場合、結婚前と結婚後で態度が違ってくる可能性が高いです。
誰にでも同じように接することができる人は、若い頃から人間的に優れています。

一緒にいて、一緒に嬉しい、楽しいと思えるペアになれること、分かち合うことができる男性との結婚は、幸せを感じる機会が多いのではないでしょうか?

是非、いいこともわるいこともわかちあうことができる男性を見つけてください。
一人で生きていくと、楽しいこともつまらないことも、分かち合える瞬間が少ないですからね。

 

 

 

『(いつもソロだったから、急造ペアでお笑いの舞台に立っての感想)「結婚もコントも、一緒に分かち合えることが素晴らしい」』

柳原可奈子