結婚するまでにお見合いの回数も必要!時間もかかる!

結婚相談所って、理想の結婚相手と結婚できるところではありません。

結婚相談所にいる人が自分と同じ人とは限らないからです。

自分がモテるからと言って、相手もモテるとは限らないし、自分がモテないからと言って、相手もモテないとは限りません。

結婚相談所にいる人も結婚相談所にいない人も、結婚相談所の中も結婚相談所の外も一緒。

結婚相談所にいる人にも結婚相談所にいない人にもモテる人、モテない人はいます。

結婚相談所の中も外も一緒です。

違うのは、お互いが結婚相手を探していることです。

しかし、芸能プロダクションなどのタレント志望の子のように、夢や理想を追っている同じタレント志望の子だけど、身の丈にあった夢と希望を追っているかどうかや自分の考えに実力がともなっているかどうかの違いから差が生まれます。

自分の身の丈にあったお相手とのお見合いを何回かして、はじめてお互いが結婚したいと思うようなお見合いの結果が出るようになります。

結婚できるまで時間はかかります。

身の丈にあった方針でスタートしてからの時間がかかります。

ローマは一日にしてならず。

結婚相談所だけではなく恋愛も同じです。

生涯1人だけという人もいますが、多くの人々は、何回かお付き合いをして、タイミングや条件も関係し、そのうちの1人とお互いが同意して結婚します。

多くの場合、そんな簡単なものでもありませんが。

お見合いも同じです。

何回かお見合いをして、お互いが同意して結婚します。

最初の一回目のお見合いで結婚する人もいます。

恋愛もそうですよね。

自分が結婚したいと思った相手に限って、結婚したいと思ってくれないとか、自分が結婚したくないと思った相手に限って、結婚したいと思ってくるとか。

夢を諦めさせることも仕事の1つ

PA151026533579_TP_Vコンシェルジュ佐藤は、何回も就職したわけではありませんが、就職や転職、アルバイト、派遣の経験もあり、一般的な皆さんが経験したことのない仕事もいくつか経験してきましたが、スカウトも何回かされましたが、どこの会社に行っても好かれてきましたが(笑)それでも合わない会社ってありました。波長が合わない、オーラの色が合わないという感じでしょうか?他の会社では人気があるのに(自分でいってますね!そんなやつ本当に人気があるのかというところですが(笑))その会社には合わないとか。
確率でいうと、10個会社があれば、3割か4割は合わない会社でした。
成績がTOPとか成績が良い悪い、実力があるないではなく、合わない会社はどうしてもあいません。
そういう会社とは波長やオーラが合わないんだと思います。

会社も仕事も結婚もそうです。

営業力=人間力

面接って営業力のある人間からしてみると同じなんです。

「営業を得意とする人間は面接も得意である」

そんなものです。

もし、営業は得意なんだけど、面接はちょっと・・・という輩がいるとすると、その輩は営業ではないんです。

面接を突破できない自分は見たくありません。

突破できなくなったときは引退する時でしょう。

企業面接突破率100%の佐藤も入ってから合わない会社とは合いません。

傍からみていて「十分合っているよ」と思われても自分の中では合わないことに気がついています。

反対にあっている会社とはとことんあっています。

芸能プロダクションの仕事の1つが、夢を追いかけて時間を無駄にする10代後半から20代前半の若者が少しでも無駄な時間の中にも何かを見いだして経験になって今後の人生に生かし、つなげていくことができるようにすることで、そして時間を無駄にすることのないように諦めさせることが仕事だとすると、結婚相談所は夢や理想を追い続けて結婚できない人に夢や理想を諦めさせてそれから時間をかけて結婚できるよう時には説教をしながら教え導いてあげることです。

夢を諦めさせることも仕事の1つです。

タレントなどの卵の子に言えることですが、即戦力となる元々もっている人と比べると元々何ももっていない人は大変です。

即戦力が直ぐに仕事を貰うのに対して、何年頑張っても結果すら出るかわかりません。

結婚相談所は、ビジネスですが、同じくキツイことを言って夢を諦めさせたとしても、何年頑張っても結果がでないということはありません。

どんなに頑張っても、スキルを身につけることが難しいタレントと違い、劣化していく中で時間が過ぎていく焦りの中で上に這い上がっていくタレントの卵と違いそんなに頑張らなくても結婚できる人はできます。

腕たてふせ200回と腹筋200回を10年続けなくても何も新体操でオリンピックに出なくても結婚できます。

人より秀でた特技はあったほうが有利ですが、なくても結婚できます。

30代後半でも結婚できます。

運がいい人は運がいい人ではありません。

ちょっと難しいですね。

こういった方がいいですか?

運を呼び寄せているんです。

運も実力のうちです。

マリアージュコンシェルジュの佐藤は昔は「自分には運がない」と思っていました。

自他共に認めるネガティブでした。

それは、運を呼び寄せることができるようになってからも無意識レベルで続いていました。

自分は運が良いとは思っていませんでした。

ブログに書けないほど波乱万丈な人生だし(笑)。

『人生を変えるほどの苦い経験や苦しみを乗り越えた先に魅せる本当の笑顔は人の心を動かすことがある』

人生の苦い経験を乗り越えた先にある笑顔を持つ男性は逃さないほうがいいですよ!男性からのお薦めです!

不利な条件で有利な条件の営業に対して圧倒的な営業成績を出していることに対してNumber2でもなんでもないNumber300か500か1000か、2000かそこらのその日はじめて会ったなにも知らない運の良い若造に「運がいい」と言われてはじめて「フッ😏自分は運がいいのかもしれないな」と思ったくらいです。
その若造にはなんらかの事前情報もあったのかもしれませんが、邪魔してこいとか。会って邪魔する気もなくなったでしょうけど。

余談ですが、自分が何千人の中で営業成績Number1になれたのは、ひとえに、良い人のおかげです。コネとか賄賂とか紹介とかそういう意味ではないですよ!本当に素敵な素晴らしい人間性を持った人たちのおかげです。東京や千葉県などで何回かお会いさせていただいた見ず知らずの他人の方なのに無条件に「寒い中大変だね。これ飲んで」って熱い缶コーヒーをそっと手渡してくれる人達のおかげです。佐藤はお蔭さまで熱い男になれました。この場をおかりしてもう一度言わせていただきます。「ありがとうございました。」

不利な条件で有利な条件と戦っていたら、運じゃなく実力だと思うでしょう?
そこを運にされたらたまったものじゃないでしょう?
有利な条件なら話は別ですが。

なにが言いたいのかって「運は引き寄せるものだ」ということがいいたいです。
あと1つ、相手も自分とは同じとは限らないということがいいたいです。
お見合いも一回で決まるとは限りません。

10回お見合いして交際という結果が成功だとすると多くても7回でしょう。
その交際から結婚までいけるのは50%いければいいところでしょう。
時間もかかれば、回数もこなす必要があるんです。
なるべく一回でも多くお見合いをすること。

お見合いすら組めないということを他人のせいにしていては、いつまでたってもお見合いすらできません。
仕事が貰えないことを芸能事務所のせいにする何も特技のないタレントの卵と一緒です。
タレントの卵ではない普通に働いているような子に天賦の才のある子はたくさんいます。

芸能事務所に入ってきた分、少なくとも今はタレントに近い位置にいるだけです。

お見合いを組めないことを結婚相談所のせいにしていては人間的にも成長しないし結婚もでき(ない)ません。

会員がわかってくれるまで何度もいうよ!

『夢を叶えるために夢をあきらめろ!』

結婚相談所の底(そこ)からがスタートです!

『夢にときめけ! 明日にきらめけ!』By川藤(漫画ルーキーズの川藤幸一)

希望だけは捨てないでくれ!(心の叫び)

そして、信頼してくれ!

「幼にして謙遜なれ。弱にして温和なれ。壮にして公正なれ。老いては慎重なれ。」Σωκράτης(古代ギリシアの哲学者ソクラテス)

「じゃがしかし!慎重になりすぎて守りに入るな!」By sato(マリアージュの現役コンシェルジュ佐藤)

さすが尊敬するソクラテス!言うことが一味違うね!


15-300 x 250 px

14-300 x 250 px