良縁な昔ながらのお見合いスタイルはそのままに

 

 

-shared-img-thumb-KIM150922197477_TP_V

昔の「お見合い」は、親や親が頼んだ人が持ってきた写真をみてお見合いをしており、余程のことがない限りそのお見合いで結婚が決まっていました。
「お見合い」で結婚した親が、自分の時のように自由のないお見合いよりも自分の子には、自由に恋愛して結婚するようにしたほうがいいと考えました。
親が子供の結婚に口出ししなくなり、結果として子も結婚にこだわらなくなってきました。
昔の女性は、結婚して家庭に入り、専業主婦になることがあたりまえでした。
やがて、女性の社会進出がはじまり、女性もやりたい仕事をするようになりました。

仕事が優先なので、女性の結婚年齢は遅くなりました。
そして、結婚しなくなってきているのです。

現在の一般的なお見合いは、昔のように、家柄を考えてお見合いを設定するようなお見合いとは違い、もっと自由です。
自由がゆえ、お見合い=即結婚というわけではありません。

昔のお見合いは、お見合い相手の方にお断りを入れる時も、お相手に気を使っていたものです。
「自分には御立派すぎて(お相手の方が)、もったいのうございます。」
と、お相手の面子を損ねることのないようにやんわりとお断りをしていたものです。
相手を傷つけることのないような気づかいがありました。

 

お見合いから恋愛そしてプロポーズへ

 

bsYUKA151206135839

お相手への心配り、気遣いを忘れない・・・。
日本の古き良き時代です。
昔ながらのお見合いの良いところはそのままに、お見合いを楽しんでいただいて、お相手と縁がなかったということになってしまっても次のお見合いに期待を持っていただけるようなお見合いを心掛けています。
昔のお見合いは、身分、家柄、跡継ぎなど、現代とは異なる事情がいろいろとありました。
「お見合い」に自由がないのではなく、時代背景が自由を奪っていたのです。

現代のお見合いは、恋愛への第一章、はじまりです。
お見合いから恋愛へ、そしてプロポーズへ

『Everything has a beginning.』

『Everything that has a beginning has an ending.』

あなたが本当に結婚を望んでいれば、きっと、結婚できると思います。

あなたの「はじまり」を手助けさせていただきます。