悩む女性
なぜ結婚できないのか?
異性との出会いが少ない!出会っても恋愛に発展しない!そもそも出会いを生かせない。そして・・・
「異性との出会いがなくなってきていて、意識しないと結婚できなくなっている。」ということを挙げることができます。
結婚できない理由として、日本経済の変化、社内環境の変化などの理由がありますが、社内恋愛が減っています。
現代は、身の周りだけで、結婚することが難しくなっています。
そして、致命的なのは、そのことに気がついていないこと、気がついても、なすすべがないという悪循環に陥ってしまっているからです。
現代は、職場や身の周りが、結婚相手との出会いのキッカケだった時代ではありません。
いつか、良い人が現れるさと思っている間に年をとり、そんな時代ではないことに気がついた人から結婚していくような時代です。
マスコミが草食男子、肉食男子と面白おかしくニュースにしていますが、面白おかしくネーミングされたのが最近なだけであって、昔から草食男子、肉食男子は存在しており、その割合も現代と変わりありません。
独身者が増えた理由の核心は、ここにあります。悩む男性
独身者が増えた大きな理由、核心の部分は、仲人をする人がいなくなり、お見合いをする機会が極端に減ってきたことにあります。
ひと昔前は、草食男子でも、結婚する機会があったんです。
ましてや、社内環境の変化の中に位置付けしていますが、女性の社会的地位向上も、結婚に関しては、良い面よりも悪い面が際立っています。
社内恋愛も減って、お見合いも減って、結婚まで辿りつくまでの労力負担が大きくなっています。
データとして、独身者が多いという結果は出ていますが、その過程は、目に見えないものなので、気がつきづらいですよね?
昔とは違うのに、親の価値観や感覚、経験で考えていては、気がついたときには、遅いということになりやすいことをご理解いただけるかと思います。
以上の話は、もう少し先の時代に振り返って語られる話です。
あのときは、昭和の考えだったけど、平成の時代に昭和の考えは無理があった。
だけど、あの時は、歩いている途中だからわからなかった。
今、歩いてきた道を振り返ってみて、はじめてわかったというように。
間違えた道を早く修正した者の方が、早く辿りつけます。
親や職場の上司、仲人が決めた相手ではなく、自由に相手を選べる恋愛結婚の方が、良いという考えが、生涯独身者を増加させるという皮肉な結果を生んでいるのですが、確かに、昔のお見合いは自由がなく、自由な恋愛の方がいいとなって当然です。
そこで考えてみてください。

新郎新婦
恋愛結婚といっても、結局は、身の周りから選んでいることには違いありません。
忙しい人ほど、近場で選んで結婚していますよね?
もっと、広い範囲で探せば、その分、理想の相手がいるかもしれないとは思いませんか?
町内から選ぶより、都道府県から、全国からオーディションや応募ではありませんが、結婚生活を長く続けていけそうな人を探すことができたほうが良いと思いませんか?
上司や親が見つけてきたお見合い相手という限定されたお見合いとは違って、恋愛よりもより、選択のできる自由な婚活をしてみたいと思いませんか?
結婚はそう何度もするものではないので、昔のお見合い、恋愛、現代のお見合いのどれかを選ぶかという三つの選択からどれを選びますか?





%e4%bb%b2%e4%ba%ba%e8%aa%8d%e5%ae%9a%e8%a8%bc%e5%b7%ae%e6%9b%bf
内閣府認証NPO法人全国結婚相談業教育センター

認定仲人士 佐藤 雅実