婚活を思い立った時!あなたは結婚相談所をどうやって選んでいますか!?

カウンセラーにボロクソに言われるくらいの結婚相談所の方が信用できる!?
でもボロクソ過ぎても自信を無くしてしまいます。
結婚相談所選びは大切です。
ですが、結婚相手選び同様に結婚相談所選びも難しいですよね?
婚活を思い立った時!あなたは結婚相談所をどうやって選んでいますか!?

YUKA151206135840_TP_V

 

結婚相談所がすることを順番に説明していくと、最初に会員を集めること(会員募集)と集まってきた会員が結婚できるようにアドバイスしていくこと。お見合いができる段階と判断できればお見合いできるようにしていきお見合いを設定する仕事、お見合いの段取りをして当日は会員が時間に遅れてこないようにお見合いが上手く(交際がはじまるようにというよりはお見合いが上手くいくように失敗のないように)いくようにすること。交際開始、交際中のアドバイス。

基本結婚までが仕事です。結婚させることが仕事であり交際から結婚にたどり着くことができればそれに越したことはないと考えている反面、交際したからといって結婚すればいいと思うわけでもないと思うので本当に重要なのは交際してからと考えています。
成功報酬制なので結婚して貰ってナンボとはいえ、そこがズレてしまうと成功報酬制の履き違えということに。
受け取り方を間違えているということになってしまいます。

マリアージュのコンセプトの1つとしてお見合いには基本、コンシェルジュが立ち会います。
自会員はもちろん、協会全ての会員に気を配り、思いやりのこころを忘れずにおもてなしさせていただきます。

お見合いの立会いがないと上手くいくものも上手くいかない。コンシェルジュが立ち会うことで上手くいくという考えからのことです。
とはいえ、結婚するのはご本人たちです。
他力本願過ぎても上手くいくものも上手くいかないと考えています。

 

結婚相談所の選び方その壱その弐ヒントも

SAYA160312550I9A3361_TP_V

 

結婚相談所の選び方 その壱

少なくとも結婚相談所は、立ち合いは必須と考えています。
立会いのない結婚相談所と立ち合いのある結婚相談所を天秤にかけることがあれば、マリアージュのコンシェルジュの佐藤が逆の立場なら当然ですが、立ち合いのある結婚相談所を迷わず選びます。値段が多少高くても立ち合いのある結婚相談所を選択します。
結婚相談所を選択する上での重要なポイントの1つと言えるでしょう。

 

結婚相談所の選び方 その弐

結婚相談所の選び方の2つ目は、金額を見てください。
初期費用がべら棒な結婚相談所は、少なくともマリアージュのコンシェルジュの佐藤は選びません。
そうですね~、5万円以上の結婚相談所は選びません。

 

マリアージュのコンシェルジュ佐藤はこういう結婚相談所を選びます!

思いやりの心を持って接してくれて相手のことを瞬時に理解してくれて知的で時にはギャグを飛ばしたりしてくれて面白いコンシェルジュがいて、年齢に関係なく経験豊富な人生体験を持っていて波乱万丈にも対応できて自分だけのことではなく相手のことを考えてくれるコンシェルジュがいて初期費用は抑えめで高くはなく成功報酬制で地域密着で会員数は多すぎず少なすぎず、コンシェルジュを選ぶことができて、明朗会計でマンツーマンでお見合いができてお見合いの立会いをしてくれて話を聞いてくれてアドバイスをしてくれて何か一つでも得意分野をもっている結婚相談所。

結婚相談所というよりは仲人で選ぶかなあ

その他には、料金の決まっていない結婚相談所もやめておいた方がいいですよね。
ごねたもん勝ちみたいな結婚相談所には入りたくないですからね。

結婚相談所選びのヒント 「結婚相談所(を見るの)ではなく仲人を見るべし。」
以上結婚相談所の選び方でした。

 

 

『私の業績の中で最も輝かしいことは、妻を説得して私との結婚に同意させたことである。』
Winston Churchill(第二次世界大戦中の英国首相ウィンストン・チャーチル)


15-300 x 250 px

14-300 x 250 px