マリアージュは生涯未婚者を減らすこと!を念頭に置いています

 

 

生涯未婚者とは?

『50歳の時点に未婚の人が、将来的、もう結婚する予定がないと考えることもできるということから、生涯独身でいる人がどのくらいいるかをあらわすときに使う統計』

生涯未婚率とは?

『生涯未婚率は、「45~49歳」と「50~54歳」の未婚率平均から、「50歳時」の未婚率(一度も結婚したことがない人の割合)を算出したもの』

 

 

これから増えていくであろうと予測されている生涯未婚者。
生涯未婚者とは、50歳を過ぎても、独身でいるということは、これからも独身でいると考えることもできることからと考えられているものです。
50歳になって独身ならこれからも結婚しないのではないか?と考えることができるという理論ということですね。

 

普通に考えて、50歳まで結婚できなかったんじゃなくて、しなかったんです!という人でもなければ、若い時でもできなかった(しなかったのに)今から結婚することは婚活してもなかなかできないかもしれないと思います。もちろん、人によってはできると思いますけどね。理由や事情も人それぞれなので。

 

結婚って若い時に若い人がするものだと考えている人も多いですよね。
何を今更結婚なんてと(周りも本人も)思っている方も多いと思います。
50歳を過ぎると、出会いも少ないし、妻帯者も多いし、もう子供は独立しているとはいえ、バツイチ子持ちの方も多いし、なにかと結婚が難しくなる理由もあったりします。事実婚とかありますよね。

年をとると、若い頃ほど人生を長く過ごしてきた分身軽ではなかったりする人も少なからずいます。

生涯未婚者が増えるということは、どうしても出生率が下がってしまいますよね。
結婚しない=子供を産まないではないとは思うのですが、どっちかというと子供を産まないことになると思います。
子供を産まないということは、日本の将来を背負う人材が少ない=将来の老人の年金は?ということにもなってきます。
老人が多くて若い人が少ないということは、年金を捻出する労働力が足りないということです。
年金がどこから出てくるかって、税金ですからね。
日本銀行が年金分のお金をどんどん刷ればいいさっていうお話ではないですからね。
物価が上がってお金の価値が下がりますからね。
お金のことって婚活と同じで簡単そうに見えて簡単ではないですからね。

このお話しをすると長くなるので、婚活の話に戻りますね。
結婚してもらうことが出生数を増やすことにも繋がると思っています。
あたりまえですが、結婚しない選択があるこの時代です。
結婚しなかったかもしれない人が結婚することで、出生数は単純にあがるはずです。

 

地味にお金かけないで地元に貢献したいと考えています

 

函館の人口の多くは高齢者です。
若い人の多くはまだ結婚できない年齢の学生だったり若いので結婚を考えていない年齢だったりします。
学生の多くは卒業後、就職なり進学なり一度は函館を離れます。
県庁所在地のある都市の札幌はもうすぐ人口200万人をこえていきます。
函館の人口が札幌と反対にこのまま減少を続けていくと、若い労働者が不足していき、若くないとできない仕事をする若い人が足りなくなります。
都市機能が崩壊し、更に人口は減ります。函館を若い人ほど、将来のある若い人ほど出ていくようになります。

もう俺たちの時代は終わった、後は任せたといえる人がいなくなっていきます。
任せる人がいなくなっていきます。

人口問題、未婚問題等この話をすると長くなるので、この辺で切り上げます。

マリアージュは、今までと違って、昭和の時代とは違って、人口が減っていく問題を抱えている函館に結婚で貢献したいと考えています。
昭和の時代は、高度経済成長もあり、人口も増えていて、お見合いが主流なので、結婚しない人の方が少なく人口も増えました。
今の時代は、不景気もあり、人口も減ってきて(札幌や東京は増えているしこれからも増えていきます)お見合いが減ったので、結婚しない人の方が多いとはいいませんが、今までとは違って結婚できない、しない人は増えているしこれからもっと増えていくと予想できます。

結婚しなくて、いい、一生独身でいいという人でなくて、結婚適齢期に出会いがないと思っている人は、そろそろやばいと思ってもいいと思います。
今35歳を過ぎている男性と今30歳を過ぎている女性が結婚適齢期だった頃を振り返って良い出会いを思いだせないとするとけっこうやばいと思っていいと思います。
結婚適齢期の方が良い出会いは多いはずです。若い方が結婚には圧倒的に有利だからです。
今恋人がいる人はいない人ほど関係ない話ですが。
結婚相談所は恋人が今現在いない人ほど関係ありませんが。
婚約者がいるならほぼほぼ結婚するでしょうから、ほぼほぼ関係ない話ですが。

結婚しない、したくない人も多いので、結婚したい人が結婚しない人と交際していても結婚できないかもしれません。
マリアージュは、身元確かな結婚希望者が多いので、実は、既婚者だったとか、恋愛詐欺師だったとか、結婚する気はないけど、口だけ結婚するって言って付き合っていたなんてことはないし、愛人募集しにわざわざ来る人もいないので、何回かお見合いして何回か交際していれば、一度くらいは結婚のチャンスはあるはずです。
約一年の間に6回お見合いしてそのうち5回(5人)と交際して、3回は結婚のチャンスがあった会員もいます。
残念ながら運命のお相手ではなかったようですが、6人目にチャレンジしようとしています。
1度2度3度のお見合いで結婚を決めてほしいとは思っていますが、お見合いと交際は何回でもできても成婚退会は1回なので、6回目の交際も仕方がないかなとは思っている面もあります。

なかなかのモテ期ですよね、一年に5回のお見合いではなく、5回の交際って・・・。
決してモテる会員ではないと言っては失礼ですが、5回交際してふられたことがないんですよね・・・。
自分さえ「うん」と言っていれば結婚できてますからね。
この期に及んで、まだ、選ぶか・・・。
男性会員なのですが、確かに会員には美人が多いので目移りしちゃうんですよね。

高望みしたい方は、スペックも大切ですが、釣り合っていないとお見合いすらできないので、お見合い婚は釣り合いが大切です。
高望みしすぎると、交際の前にお見合いができないので、ある意味、起こりえないのですが、10回か20回に1回は間違えて交際に入る可能性もあると思うので交際できても交際に入ってからボロが出ますよね。

釣り合っている相手さえ選ぶことができれば、自分を知っていれば、バツイチでもわけありでも、お見合いも交際もできます。
結婚できるかどうかはわからないので、成婚料は結婚した方からのみ頂戴しております。

 

 

結婚相談所としてストップ人口減少!ストップ生涯未婚!ストップ少子高齢化社会!ストップ大都市部への人口集中!を念頭に函館に貢献したいと考えています!

 

 

1%生涯未婚率を下げるにはどのくらいの仲人がどのくらいの成婚率を叩きだせばいいのか?マリアージュは結婚相談所としてストップ人口減少!ストップ生涯未婚!ストップ少子高齢化社会!ストップ都市部への人口集中!を念頭に函館に貢献したいと考えています。

人口が減るだけならまだいいのですが、人口が減ることよりもっと問題なのは、高齢者が多くて若い世代が少ないこと。
比率が問題です。
高齢者と若い人の比率が整っていればまだいいのです。人口減少するだけならまだいいのです。
お客さんが減る、買ってくれる人が減る、アパートに入る人が減るという問題とはまた違う問題があることが問題なのです。
問題が山積みなのが現在の日本です。これからの日本です。

また、過疎化している町の人口が減っていくと、悪循環に陥り、更に人口が流出していくので、また人口が増えることがあるとすると余程の理由がなければなかなか難しいと言われていますよね。

函館市も地方都市として、10万人を切ることがあるとはなかなか考えにくいのですが、10万人いれば十分町の規模ではなく、都市の規模ですが、その中身、高齢者と若い世代のバランスが重要なのです。

都市機能や経済や社会福祉のことを考えてもそうですが、結婚についてのことを考えても、どう考えても、生涯未婚者が増えていく環境が整っていってしまいそうだと思います。
結婚にとっても高齢者が多くて、若い世代が少ないことは悪循環です。

今のところ、対策という対策はないので、少しずつでも、結婚相談所だけでも、1人でも多くの成婚者を出していきたいと考えています。

昔の人は言いました。
「どんなに貧しい男性(結婚相手)でも、1人より2人の方が裕福に暮らせると・・・。」

函館は、かつて、北海道最多の人口(人口だけでいえばナンバーワンの都市といっても過言ではないですよね?)の北海道の巨大都市でした。

本州が近いのであたりまえと言えばあたりまえかもしれませんが、今は人口が減ってきています。
そして、200万人都市札幌に人口は流出しています。

正直、新幹線が開通すると札幌から函館に人口が移動してくるとは考えにくいです。
どちらかというと、函館から札幌に更に流出していく人は増えると考えるほうが考えやすいです。

1人でも多くの成婚者を出したいと考えています。