マリアージュは少子高齢化社会問題を問題視して活動しております。

 

函館市の住民基本台帳人口(平成28年9月現在)

平成28年9月末現在の函館市の世帯数および人口

函館市の労働力(生産性)をある程度まで見て取ることができる平成28年9月時点の住民基本台帳。

人口 266,139人の年少人口(まだ、生産者と言われる生産年齢に達していない人口0歳~14歳まで)と生産年齢人口(15歳から64歳までの年金受給年齢に達していない年齢)と老齢人口(年金受給を受けている年齢)の割合でおおよその生産力のようなものが浮き上がってきます。
もっとも、15歳~17歳は、高校に通っている年齢なので、現時点での計算には入らないと思いますし、65歳になったからといっても現役で仕事をしている人も大勢いると思うので、正確に算出することは不可能かと思います。
しかし、函館の高齢者を支える立場にある(年金の捻出など社会保障費関係の出所になる)生産年齢人口の15歳~64歳までの55歳~は、後、10年もすると老齢人口に入るので、15歳~17歳までは、これから、何十年も生産年齢人口として函館を支えていくことになりますが、50歳など老齢人口に入るまでに20年とかからない世代の割合が多ければ、10年後、20年後、老齢人口の割合が増えることになります。
また、15歳~17歳、もっと言ってしまうと、0歳~14歳までの今現在年少人口と15歳~17歳までの学校に通っている年齢が、函館を出て、札幌など、もしくは東京などに進学や就職などで出ていってしまうと、残った人口の割合がより老齢人口に傾いていくことになります。
函館市は国勢調査によると、平成17年の人口 294,264人、平成27年の人口266,117人と10年の間に約28147人人口減少していますが、総人口の割合の老齢人口が増えていくほど、社会保障費が加算されていくことになります。
もっとも、函館市だけのことではなく、日本全体に同じことが言えるのですが、日本は今、世界的に例のない前代未聞の世界初となる超少子高齢化社会に突入しているので、世界が注目する問題の渦中にいるのです。
函館も東京や札幌、その他の日本市区町村と同じく、少子高齢化対策をとっておかなくては、もう手遅れと言っていると尚更大変な事態になってしまう可能性があるのです。20年ほど前から手を打っておくべきでしたが、未だに現在進行形でこれといった対策はとられていません。20年前に手を打てていて、なんとか間に合ったかなというところが未だに抜本的な解決策が施されていないという意味がわかりますよね・・・
もはや、お金持ちであろうとお金持ちでなかろうと同じ船に乗っているお客さんと同じです。
船が沈んでから、お金で救命ボートを買おうにも、競争率が激しすぎて、沈む前から救命ボートを用意していた人に買い占められていて手に入らない状態です。いくら、その救命ボート代として受け取ったお金の倍払うと言ってみたところで、今沈んでいこうとしているのに受け取っても仕方がないと言われてしまいます。

話が国勢にそれてしまいましたが、函館市の人口の年少人口と生産年齢人口と老齢人口の割合ですが

以下は函館市の住民基本台帳人口ですが、人口266139人の割合は、年少人口27062人(10.2%)、生産年齢人口151688人(57.0%)、老齢人口32.8%となっています。

生産年齢人口だけが、今の函館を支えているわけではありませんが、生産年齢人口がもうすぐ、50%まで下がろうとしています。これまでの動向からも徐々にですが、老齢人口と生産年齢人口の比率が縮まっていくことが予想されています。

結婚の晩婚化は、少子化します。未婚率の上昇は、少子化を上昇させます。離婚が増えると少子家が増えます。「安定した職業の男性と結婚しないと、将来の生活が不安で、いくら赤ちゃんが可愛くても2人、3人と産むわけにもいかない」という声が増えてきます。晩婚、未婚、離婚などで独身でいる時間が長くなればなるほど、子供が減っていきます。百歩譲って結婚しないにしても、女性は子供を産むべきであり、男性も自分の子孫を残すべきです。結婚という人間の作ったルールに従うことで、可能になりやすいのでしたら、結婚という二文字を考えてみてください。
そして、マリアージュは、少子高齢化社会の今、出会いの場を提供し、サポートし、消極的な方も積極的な方と同じくらい婚活できるようにし、良縁のお手伝いをさせていただきます。

平成28年9月末現在の函館市の世帯数および人口

%e4%bd%8f%e6%b0%91%e5%9f%ba%e6%9c%ac%e5%8f%b0%e5%b8%b3

me_biz20160902550815_tp_v

20代の女性のメンタルケアも仕事の一つです!?優しく思いやりを持って誠実にサポートします

20代の女性が勇気を出して門を叩いてきてくれると嬉しいものです。
まだ若い女性なので個人差はありますが、お見合いの経験もなければ恋愛経験も若いなりだったりすることもあると思います。それでも、若い女性は、どこにいても、婚活において有利です。結婚相談所においても、世間一般同様、若い女性は引く手あまたなので沢山のお申込みがきます。
しかし、ここが世間一般とちょっと違うと思うところがあります。ある意味、普段、出会うことのないようなハンサムな高身長、高学歴、高収入のいってみると4高のような男性からも申込みがきます。例え、仕事場やサークルなどの周りにいたとしても、普段、すれ違うだけで出会いにはなることがないこともありますよね。普段の生活では、出会いにまで発展しない条件のいいお相手とも出会いになる可能性が高いのが結婚相談所です。これは、男性にも言えることで、普段、気になる美人がいても高値の花と思ってみているだけで、出会いのきっかけがなく、出会いに発展しないような美人と1対1でお見合いできます。あなたの知っている美人との出会いということではなく、結婚相談所の会員との出会いが期待できます。美人とかならずお見合いできるとはいいませんが、個人差はどうしてもありますが、できる可能性はあります。男性も女性も、世間一般的な出会いとはちょっと違う出会いができます。バーで隣に座った女性がたまたま好みのタイプで意気投合なんてラッキーなこともあるとおもいますが、その人と結婚までいけるかどうかという意味では結婚相談所で出会った方が、結婚できる確率は高いとおもいます。そんなことを言いたくて書いたわけではなく、若い女性は引く手あまたで、申込みが沢山きますが、一度や二度のお見合いで意気投合、良い男性と出会えたラッキーということになるとは限りません。写真と違う、思っていたのと違う、なんか嫌なところが目についた、自分が緊張して失敗して恥ずかしい思いをしたなど、もう会いたくない、もう顔もみたくないと思うこともあるかもしれません。それでも、次っ、早く次のお見合いっとなるといいのですが、1度や2度ならば、めげることもなく、もちろん、自信を失うこともありませんが、そういうお見合いが3度、4度と続いていくと、精神的に自分ってお見合い向いてないのかな~と思い落ち込んだりしてしまうことも(個人差があるので人によっては悩むことも)あると思います。

結婚相談所や仲人協会に不信感ではありませんが、サクラがいるんじゃないか?なんで、このイケメンからは申し込みがきたのに、他の男性には、自分から申し込んでもお見合い受けてくれないんだろう?おかしいなど思うようになるかもしれません。

実際、サクラもいませんし、入会してびっくり、なんで?結婚相談所ってこんなに美男美女が集まってるの?世の中狂ってる?なんで、こんなにたくさんの婚活なんかしなくても結婚できそうなサクラのような人たちが沢山いるの?雇ってるの?サクラとお見合いさせてお見合い代で稼ごうとしてる?というほど驚かれる会員もいます。イケメンや美女ほどサクラっぽいですよね。

女性の新規入会者が100人いたら、99人は最初の段階で驚くと思います。男性の新規入会者が100にいたら、99人は最初の段階で驚くと思います。数々の修羅場をくぐり抜けてきた百戦錬磨の仲人も最初は驚きます。そして、驚きは、終わることなく、現在進行形で毎日たくさんの美男美女が入会しているので毎日驚きの連続です。

スポーツクラブで出会えますか?そしてシングルファザー!?シングルマザー!?の方へ

スポーツクラブに入会した日に、窓際にあるランニングマシーンにのって、俺ってなんて恰好いい走りっぷりなんだ、俺って男らしい!と無理して5分全力疾走しているときに、窓を鏡替わりに、隣を走っている女性会員美人だな~、もう30分も走っているのか~、毎日来てるのかな~、結婚してるのかな~結婚しているなら旦那さんが羨ましいな~格好いいとこみせたいと思うのとはわけが違います。10分も走れないのに無理して、ランニングマシーンから転げ落ちた人をたくさん見たことがあります(数えてませんが)。結婚相談所の会員は同じ会員(スポーツクラブの会員と結婚相談所の会員)でも両方とも同じ美人でも独身の結婚したいという希望を持って入会した女性です。なぜか結婚していない独身の女性です。そもそも出会いを求めているなら出会いを求めるならあなたはどこの会員になりますか?「結婚相談所?そんな重いとこより、スポーツクラブの方が、なにげなく、自然と出会えるし自然に仲良くなれるし、一緒にエアロビなんかに出るようになってお金かけずに出会える!」という人もいるかもしれませんが、それって惜しい考え方ですよね。簡単に出会いたいなら、スポーツクラブより、結婚相談所ですよね?結婚相談所がいうのもなんですが、バーより結婚相談所ですよね?サークル活動はサークル活動するために入会するんですよね?出会い目的で入会したけど違うと装って水面下で活動している会員ばかりのサークルなら妻帯者や人妻はういちゃいますよね?居心地悪いですよね?話がそれ気味ですが、なにがいいたいのかって、結婚相談所は出会うことが簡単で世間一般よりも高値の花と出会える可能性を秘めています。あなたが女性を手の届かない高値の花と思っていても申し込んでみないと、お見合いができるかどうかはわかりません。自分なんてと思って申し込まないでいると、他の人に先を越されてしまいます。申し込まないとお見合いができないとも限りません。なんでもそうですよね?入会してみないと、申し込んでみないと、会ってみないとわかりません。わかる人がいたら、すごいです。あなたは、入会すれば、この会員とお見合いができて、結婚できると思いますなんて言う仲人がどこの世界にいますか?まるで怪しい○○○○○○○です。そんな仲人いませんよね?

美男美女はたくさんいますが、会員以外に写真などプロフィールはおみせできかねます。すなわち入会前にはお見せできません。でも、良い会員はたくさんいますよ。といいますよね。入会した会員は優良会員の多さに驚きます。驚かない人は、よっぽど、プライドが高い人としか考えられません。

申し込んでみないとお見合いできるかどうかは誰にもわかりません。とはいえ、お見合いして高値の花の女性や4高男性に気にいってもらえる可能性は0ではないとは思います。100でも決してありません。人それぞれ相手も違い、誰と誰がお見合いするかによっても違うので、確率も読めません。1日ずーっと24時間考えてもわかりません。答えはありません。

後、周りにいるバツイチの友達(バツイチ、バツニ、独身がとにかく多い世の中です。そのため、独身でも安心してしまう面があることも否めないんですよね)は、結婚しないほうがいいとあんに伝えてくるかもしれません。自分も一人になったんだからあんたも一人でいて!とは言わないとは思いますが、説得されたら説得力ありますよね。離婚経験がある人に言われると。その方も結婚したときは、他の結婚した人とそう変わらない結婚をしているはずですが・・・スピード婚、できちゃった婚、恋愛結婚にはいろいろな結婚がありますが・・・バツイチの友達のように必ずしも離婚するとは限りません。離婚を恐れているなら尚更結婚相談所で結婚したほうが安心ではないでしょうか。恋愛結婚よりお見合い結婚のほうが離婚しないといわれています。

離婚したから、シングルマザーとなって大変な目に合っていると思っている女性も大勢いますが、シングルマザーが一度離婚したからといって、結婚にこりたわけではなく(お互い相手あっての結婚なので)二度目の結婚で、幸せになりたいと考えているシングルマザーも世の中にはいますよね。
実際、シングルマザーの再婚の現状は厳しく(結婚相談所のことではなく、世間一般的なことです)バツイチ、子持ちというだけで、結婚の対象外にしてしまう男性の方が多いことは事実ですが、だからこそ、たくさんの出会いが期待できる結婚相談所で独身の女性よりも一回でも多くお見合いをすることで本当に、懐の大きい男性と出会えたり、同じバツイチ子持ちの男性と結婚できたりするのではないでしょうか?相手は初婚がいいとか子供がいない方がいいとか理想を掲げてしまうと範囲は狭くなってしまいますが、少ないながらも懐の広い初婚男性も世の中にはいますからね。

ながながと書き連ねましたが・・・
痔でお悩みなら専門の肛門科へ!結婚でお悩みなら専門の結婚相談所へ!

シングルマザー、シングルファザー、バツイチ、バツニ、20代、30代、40代、50代、60代、年齢も性別も問いません!

結婚できる可能性は誰でもあります!後は如何に良縁にするかです!当たり前のことですが、悪縁ではなく、良縁結婚してほしいと考えています。悪縁になりそうな結婚はおすすめしません。そもそも悪縁と思ったら結婚しないでしょう。恋は盲目、会員が気が付かないときは、こちらで止めます。むしろ、間違った道にすすんでいると判断したら止めています。余計なことを考えるより安心して婚活してください。ある意味、悪い人同士の結婚ならそれもまた良縁だとも思います。悪い会員はいませんが。会員が盲目的に道をそれたと感じたときはこちらで止めます。お見合いも結婚も釣り合いが大切です。シングルファザー、シングルマザーの結婚相手は、寛容な心と気持ちに余裕を持った訳ありを理解してくれる男性、女性です。寛容な心と気持ちにも金銭にも余裕のある男性と会員となって幸せを手に入れてください。男性は、新しい家族を手に入れてください。良縁を見つけて幸せになってください。(※)結婚というルールにそうことで、お互いに幸せになれると思うなら、結婚相談所で婚活することで、誰もが結婚できる可能性を持っていることを知ることができます。少なくても仲人として裏側から見ている身としてはそう思っています。

(※結婚というルールとは、結婚も人間が作ったものなので、離婚することもあれば、失敗することもある。ただ、結婚という人間が作ったルールに従うことで幸せをつかむ人も大勢います。子育てをしながら大変な思いをしているシングルマザーが紙1枚の結婚という契約によって、不安がなくなったり、安心して子育てができるようになるのでしたら、結婚という選択もありではないでしょうか。契約があるから安心できることもあります。)

新卒で入社することって、まだ右も左もわからない社会人1年目にとって、どこの企業が自分にあっているのか、どの業種が自分に向いているのか、もっと言ってしまうと自分のやりたいことが自分に向いているかもわからないと思います。入社してみてはじめて気が付くことも多いとおもいます。一回目の就職では失敗することも多いと思います。苦労して一浪してまでして就活して入社した会社を1年で辞めてしまう人もいますよね。一回目の就職は、失敗する確率が非常に高いと思います。結婚も一回目の結婚は失敗してもおかしくないと考えます。だからこそ、若いうちに失敗しておきましょう。結婚しておきましょう。年をとると若いころと違って失敗できないので、失敗したくないという気持ちが強くなり、余計失敗します。

特に女性は、昔でいうと傷物、腫物扱いされることもあるかもしれませんが、今は時代も変わってきていて、離婚する人も増えています。離婚経験者同士でなければわからないこともあると思います。離婚経験者だからこそわかることもあるので、話もあい、結婚できることもあると思います。

なるべく早く結婚する。上手くいけばそれでよし。離婚しても、若い方がやり直しもきくし、男性は若い女性と結婚したがっているので、まだ若いうちに再婚しておいたほうがより条件のいい男性と再婚しやすいものです。アラフォーになってからが初婚だと、離婚したくてもできないというくらい追い詰められかねません。

だからといって離婚を恐れて結婚しないのもよくありません。離婚を恐れて結婚しないなんて、気持ちはわかりますが・・・離婚するとは限らないし、そんなことを心配するより、結婚できなくなることを心配するべきです。今考えるべきではありません。違いますか?

今付き合っている彼氏、彼女がいて、なかなか結婚を切り出してもらえず、結婚したいので、結婚相談所に入ってみたけど、いざ結婚となると、今の恋人と別れてまで結婚して、離婚することになったら・・・不安に思うことってありますよね。ある意味将来の不安です。

気持ちはわかりますが、失敗をおそれて失敗することになるかもしれません。離婚することを恐れていては結婚できなくなってしまいます。

お見合いのほうが恋愛よりも離婚しないと言われています。余計な心配をして、幸せを逃さないでください。

 

 

 

 

とにかく結婚したまえ

 

 

 

良妻を持てば幸福になれるし

 

 

 

悪妻を持てば哲学者になれる

 

 

 

 

ソクラテス