結婚相談所選びは慎重に

 

EV185133305_TP_V

 

 

方向を間違えたり

 

 

 

やり過ぎたりしないようにするには

 

 

 

まず

 

 

 

「本当は重要でも何でもない」

 

 

 

1,000のことに

 

 

 

「ノー」と言う必要がある。

 

 

 

 

Steve Jobs

 

 

 

 

結婚相談所選びは慎重に!?

理由は、ケースバイケースですが、初期費用が高い結婚相談所に入ってしまうと、その結婚相談所と相性が合わないときなどに、いろいろな意味で次が難しくなる可能性があるからです。

一度、初期費用50万円のところに入ってしまうと結婚相談所を退会することになって他の結婚相談所にもう一度、高額初期費用を払うことに負担が大きくなり易々と移ることができなくなりやすくなってしまいます。

50万円という高額を払ったことで、数万円程度の初期費用の結婚相談所と違ってダメージが残りやすいです。

一度、高額の支払いをしたことが、気軽に次の結婚相談所へ行くことの障害になります。

結婚相談所は慎重に選びましょう。

一度、離婚していることによって、次の結婚をしずらくなっているケースは多いことと似ています。

一度、高額支払いをしていることが、結果的に、トラウマをもっていることと同じような状態になってしまいやすいです。

 

 

結婚相談所選びはケースバイケース!大手結婚相談所か零細結婚相談所か

 

EV185133306_TP_V

 

会員が多くて一等地に構えている大手結婚相談所がいいのか、それとも会員は少ないけれど小回りの効きそうな零細結婚相談所がいいのか、まず、最初に、大手か零細かで選ぶ方法は余りおススメではありません。

大手は確かに、会員数も多く結婚相手がたくさんいて、選び放題のようなイメージがあると思います。

少ないよりは多いほうがいい。

その通りです。

しかし、多いと埋もれてしまいやすいです。

物凄い美人や、超3高男性なら、目立つし、会員受けもいいので、結婚相談所受けもいいでしょう。

しかし、自分がもし結婚相談所の会員ではなくて、結婚相談所でお給料をもらって働いているほうだとして逆の立場で考えてみてください。

会員受けのいい超3高や物凄い美人の担当に付きたいと思うと思います。

自分の担当する会員が100人いたとします。

100人全員を覚えていられますか?

会員には個人差があります。

その個人差をいちいち考えることができると思いますか?

月会費が5千円なら、みんな同じ5千円に見えませんか?

5千円が100人集まれば、50万円、1人辞めたらもう5千円が減ったに過ぎないと思いませんか?

人件費や事務所の維持費で大変なんですから。

ノルマも大きいんです。

大手ほど利益を出さないといけないんです。

大手と言われる大きな身体ほどたくさん食べないと維持できないんです。

大手が悪いところだと言っているのではありませんよ。

ケースバイケースです。

あなたがどんなに性格の良い人であっても、どんなに写真より実物の方がよくても、同じ5千円でしかなければ・・・

しかも、決して平等ではありません。多ければ多いほど埋もれやすく、平等とは反対の方向に向かいます。

お見合いの多い人もいれば、少ない人もいるのは当然。ただでさえ個人差があるんです。

入会後、すぐに申し込みの来る人もいれば、自分から申し込んでもお見合いできない人もいる。

そんな中で、多ければ多いほど埋もれやすいと思いませんか?

大手の方がなんとなく良さそうと思う気持ちもわかります。

しかし、大手が本当に良いという理由があるとしても、それは、会員にとって良いと考えるのは適切ではありません。

大手が良いと言えるのは、あなたが、就職先として大手を選んだ場合です。

就職と会員として婚活することを一緒に考えてはいけません。

会員としてメリットがあるとすると、団体割引がある時です。

ですが、入ってから必ずしもメリットがあるとは限りません。安ければいいというわけでもありません。

会員が多い分、人件費もかかれば、費用もかかる。

これは、大手の宿命です。大きな身体にはその分だけたくさんの維持費がかかります。

広告費も人件費もあなたたち会員の会費が使われていることを忘れてはいけません。

と大手はおすすめではないという理由を書いてきましたが、今あなたが住んでいる場所が大都市なら、これからも大都市に住み続けるなら会員が多くて一等地に構えている大手結婚相談所の方が良い場合もあります。

しかし、大手ならいいというわけではないということです。

大都市に住んでいるのなら、住み続けたいのなら、大手でもいいのではないかということです。

ケースバイケースなので、最終的にはご自身でご判断ください。

零細結婚相談所に入会するべきなのはどのようなケースかですが、大都市に住んでいても田舎や地方都市、小都市、中都市に住んでいてもどちらかというと、零細結婚相談所に入会するべきです。理由は単純です。どちらかというと結婚相談所の会員は少ない方がいいからです。

少ないほうがいいのに、多いほうを選んでいませんか???逆のことを考えていませんか?

結婚相談所は、多く会員を抱えても、手が回らなくなるので、会員はある程度まで増えてくるとどこかで修正を掛けるべきです。

増やしつづけないほうがいいのです。

 

会員が多い < 会員が少ない

 

これは、結婚相談所を選ぶときの基本です。

基本中の基本。

ど基本です。

ど真ん中、どマストです。

大手でも会員は少ないほうがいいんです。

これ以上は敢えて書きませんが、信じることです。

信じる者は救われます。

会員が少ないことの理由にもよりますが、田舎の結婚相談所は大いに活用するべきです。

なぜなら田舎の結婚相談所は当然、会員が少ないはずです。

多いところは逆に避けるべきです。

そして、結婚相談所と結婚相談所が、お見合いのセッティングをするので、そこを大いに活用するんです。

田舎の度合いにもよりますが、自分で失敗してしまわなければ、結婚相談所で結婚できないはずがないんです。

ネックは、田舎に住んでいること。それは、結婚相談所ではなくても、自由恋愛でも同じことです。

田舎には年収の高い男性も少なければ、若い男性も少ない、それは結婚相談所も同じことです。

田舎だからこそ、結婚相談所に入会する価値があります。

婚活パーティーも少ないですよね?田舎って。

大手結婚相談所<零細結婚相談所

一番いいのは、マンツーマンですよ。

普通、高いですけどね、マンツーマンっていうのは。

因みに、マリアージュの今のキャンペーン価格は、入会金5千円、事務手数料5千円、月会費無料、お見合い代5千円、成婚料20万円です。

マンツーマンとはいきませんが、これで婚活できるなら、滅茶苦茶安いですよ。

結婚した分に対してお金を払いましょう。

自分でいうのもなんですが。

婚活だけなら、余程のことがなければ、10万円もかからないでしょう。

結婚できて成婚料を足しても30万円くらいですよね、多くて。

安くて21万5千円です。

安ければいいというものでもないんですけどね。

総額50万円で結婚できれば十分、安いと思います。

昔、親が頼んでいた頼まれ仲人も30万円~50万円くらいはお礼を貰っていたそうです。

結婚できなかったのに、30万円じゃ高すぎです。

それと、大手、零細に限らず、良い結婚相談所を選ばないと、素直さが裏目にでます。

気を付けて。

結婚相談所の選び方もしっかりと考えてください。

人を見る目を日頃から養っておくことが、結婚相談所選びにも結婚相手選びにも役立つことは確かです。

基本、どんなところでも入ってしまったら、大手でも零細でも、楽しく婚活しましょう。

しかし、お金だけ払い続けているよりは、自分にあっている結婚相談所に入会しなおすことも時には必要。

ケースバイケースです。

結婚できないからといって、お見合いできないからといって、猜疑心が強くなってしまったり、心が暗くなってしまっては悪循環ですから。

まっとうに商売をしている結婚相談所からみると、猜疑心が強い人に感じたり、コミュニケーションが苦手な人に見えたり、元々、そういう素質を持っていた人に見られてしまいます。

結婚できないことにならないように、特に田舎は若い人が都会に出ていっているので、若い人と結婚しずらい環境がすすんでいくことが考えられます。

今のうちに結婚相談所に相談にきてくださいね。