少子高齢化社会は現状維持の難しさを教えています

 

couple-1298432_640

 

大学教授や医者になったところで、担保にならない時代です。少子高齢化社会は、我々日本人に、現状維持のむずかしさを教えています。現状維持なんて元々できないものなのに、現状維持しようとしていては、いつか現状維持はできないということに気が付いたときに、手遅れになっているかもしれません。

リストラ、会社の破綻、人事による派閥の失墜。終身雇用、退職金、年金、いずれも昔(昭和の時代、特に高度経済成長期、バブル崩壊前)とは違います。子供が少ない、学生が少ないと、学校や学校に関わる職業にも影響がでてきます。学校だけではなく、少子高齢化だけではなく、世の中は、昔と違い、不安定な経済状況です。少子高齢化社会によって小中高大すべて潰れています。少子高齢化社会はこれから深刻化していくことが予想されています。

日本は子供の貧困世界一と言われています。

教育にお金を使っていない日本。

結婚にお金を使っていない日本。