成婚退会について(成婚退会①)

 

 

 

 

今月成婚退会がありましたので、成婚退会について少し詳しく書いてみようかと思います。

 

 

 

 

成婚退会した2人の言葉

『マリアージュに入ってよかったね!』

 

 

女性会員の言葉

『先生が導いてくれたご縁を大切にしてがんばっていきたいと思います!』

 

 

男性会員の言葉

『お疲れ様でした。ありがとうございました。色々ありましたが、ご指導くださったおかげでなんとか、ここまでくることができました。』

 

 

 

2人には、面談の時から厳しいことも言ってきました。

黙っていて、そのまま波風たたないで結婚してくれることが理想ですが、そんなことは滅多にありません。

恋愛経験のある方ならわかると思います。

初恋の人と結婚して、その人しか知りませんという人でもなければ、何度か出会っては別れを繰り返した経験があると思います。

結婚相談所に、出会いは多いのですが、出会って、成婚退会する会員より、何度お見合いしても成婚退会までいけない会員の方が多いのです。

言っている意味、わかりますよね?

出会って、そのまま結婚までいく確率よりも、出会ったけど別れてしまう確率の方が高い・・・。

結婚相談所も同じです。

出会って、交際して、成婚退会まで行く途中で、石に躓いてしまったり、繋いでいた手がほどけてしまったり、迷子になってしまったり、他の人とお見合いしてみようかな?と思ったり、色々なことがあり、乗り越えることができてこそ、ゴールが見えてくるのです。結婚がゴールだとは思いませんが、むしろ、スタート地点ですが。

今回の2人は、最後まで仲人を信用してついてきてくれたので、道の途中にあった石に躓いてしまった時も、夜道に迷い、崖から転落してしまいそうになった時も、引っ張りあげることができました。

最後は、背中をポンと押してあげることができました。

 

 

成婚退会した2人の言葉

『マリアージュに入ってよかったね!』

 

 

女性会員の言葉

『先生が導いてくれたご縁を大切にしてがんばっていきたいと思います!』

 

 

男性会員の言葉

『お疲れ様でした。ありがとうございました。色々ありましたが、ご指導くださったおかげでなんとか、ここまでくることができました。』

 

 

 

2人ともマリアージュの会員ですが、男性会員は、函館から離れたところに住んでいるので、結婚後、女性会員は男性の住む町へ嫁いでいきます。そこで2人の新婚生活が始まります。
結婚の決め手は、仲人の力量(笑)いえ、男性の優しさと女性の優しさ、一言で言ってみると

 

 

2人の愛

 

 

ですね。色々ありましたが、幸せになってほしいと思っています。
仲人冥利に尽きます。

 

今回、2人が成婚退会していく中で感じていたいくつかのことの中の一つに、仲人が完璧を目指してサポートして、結果が成婚退会ではなくても、それは、仲人が完璧に近づいたからこそ、成婚ではない結果が出ることもあるのではないか?ということです。今回は、2人の愛が本物に実ったからこそ、最後は幸せな成婚退会という結果がでたのです。仲人として考えると、2人の愛が本物にまで育ったからこそ、最初から最後まで完璧なサポートができたのです。

2人は、これから永遠の愛を誓います。アーメン。

 

 

 

「成婚退会する人は、結婚相談所に入ってよかったと思う。成婚しないで退会する人は、結婚相談所に入って失敗したと思う。」

仲人

 

 

 

「ライバルの結婚相談所とかライバルが言うならわかるけど会員が結婚相談所を悪くいうのはおかしいと思う。会員ではない関係ない人が悪く言うのはもっとおかしいと思う。何も知らないのに。道で前から歩いてきている人をみて知らない人なのに悪口を言っている男性とその場で即効喧嘩別れした女性を何度か見たことがある。馬鹿な男、そして、そのことに女性が気が付いた瞬間を見た。そういう女性を尊敬しています。出会ってしまうことは仕方がない。咄嗟に行動できることが凄い。でなければその男性と同類だけどね。」

仲人

 

 

 

 

成婚退会について少し書きます

 

 

 

そして、成婚退会について少し書きます。

今回、2人にも成婚退会が決まる直前に、成婚退会のタイミングや、成婚退会の本当の意義について話したのですが、成婚退会は、成婚退会前、すなわち在籍中、会員であるままに、入籍し結婚式を挙げなくてはいけないということではございません。

結婚のお相手が決まった段階、もう別れることはないと思えた段階、これからも交際を続けて行きたいと思った段階で、成婚退会が決まります。
今回は、成婚退会前に婚約指輪もわたし終えて(仲人の絶妙なサポートもありました泣笑)事実上婚約が決定、結婚後のこともおおよそ見当がついた段階で成婚退会となりました。
今回は、約5カ月での成婚退会、これから、2人で結婚式の準備や入籍(今回はすでに婚姻届けは準備されています)女性はこれから仕事を辞めて男性の元に嫁いでいきます。
基本的には、婚約が決まった段階で成婚退会となります。
もっと言ってしまうと、会員が成婚退会を決めるのですが、会員が成婚退会を決めるのではなく、仲人が成婚退会を決めます。
会員が成婚退会を決めるのですが、会員が成婚退会を決めてしまうということがどういうことかというと、仲人が、成婚退会決まったね、おめでとうと言った時に、会員が決めるという理屈でいくと、いいえ、まだです。
まだ成婚退会ではありませんということになってしまいます。
これでは、上手くいくものも上手くいきません。
今回は、会員と仲人の信頼関係もしっかりできていて、会員もとても仲人を信用してくれていて、2人の愛が、すべてのことを乗り越えることができたので、仲人が今でしょと成婚タイミングを教えてあげました。
これが、もし、会員が、今じゃないでしょと言ったとしたら、お相手と成婚退会したくないと言っているも同然です。結果として、上手くいくものも上手くいかなくなり得ます。え?成婚退会したくないの?とタイミングによっては、お相手も思うと思うし、女性会員は、男性会員の本当の気持ちを確かめたいと思っているものです。
上手くいくものも上手くいかないこともあるのが世の中です。成婚退会のタイミングは、そういう意味で会員ではなく、仲人が決めます。少なくてもマリアージュでは。2人の愛が決まり手です。

 

 

成婚退会の流れ

交際中、プロポーズ。

成婚退会。

半年以内(役場があいていれば翌日でもいいと思います)
に入籍を目指す。

その後、半年以内(半年限定ではありません)に結婚式

 

 

このような流れです。

 

 

半年と書きましたが、すぐ籍をいれてもいいわけです。

だいたいは、成婚退会後に成婚退会を目指していた気持ちが籍や式、新婚生活、新婚旅行、結婚指輪などに切り替わっていき、準備・計画にとりかかることになると思います。

 

 

 

 

 

私には、理想とするサッカーはない。「こういうチーム」と決めてしまうとそれ以上のチームにはならないからだ。完璧と言えるチームはないと思っているし、起こりうる状況の中で常に前進して行くだけだ」

イビチャ・オシム