結婚できないのは結婚できないんじゃなくてしないから?

 

SAYA160105253341_TP_V

 

なぜ、結婚できないのか?
結婚できないんじゃなくてしないんです!と言われてしまうのかもしれませんが、なぜ結婚できないのか?
不思議に思うことがあります。
仕事が忙しいから?結婚したくないから?まだ、今は結婚したくないから?男性恐怖症とか?過去にトラウマがあるから?
もし、出会いがないと思っているのでしたら、向こうから出会いがくるのは、25才までと思ってください。
学生の時までと思ってください。
社会人に出て何年かは、向こうから来ることもあると思います。
結婚適齢期の20代後半の男性、30代前半の男性が、若い女性を求めているということもあり、学生の時のように、向こうから告白してくるとか、20代後半の女性にわざわざ告白してくるということはめっきりと減っていきます。

出会いの多い人には、どんな美女も敵いません。
出会いの多い場に身を置かなくてはいけません。
待っていてもきてくれないのなら、せめて、最低限でも出会いのありそうな場をもたなくてはいけません。
カップリングパーティーや、結婚相談所に登録しなさいといっているわけではありません。
仕事場の男女比まで考えてはいられないと思いますが、職場に出会いがないのなら、出会いを作る必要があります。
出会いの場にいっても、消極的ではいけません。
消極的な女性ほど、出会いを上手く生かすことができません。
せっかく出会っても、チャンスを生かすことができません。
積極的過ぎても、女性らしくないのですが、消極的だと、出会いも減り、あっても逃してしまいます。
器用な人と不器用な人の違いとも言えます。
器用に立ち回らなくてはいけません。

 

 

 

勝ちたい気持ちは誰もがもちあわせている

 

 

 

 

重要なのは勝つために頑張る気持ちである

 

 

 

The General Bob Knight

 

 

アラフォー女性になったら条件を絞ってください

 

wedding-dresses-1486260_640

 

女性はアラフォー世代になると、アラサーの時よりも男性に好条件を求めようとします。年齢が上がると上がるほど、高収入の男性を希望するようになるデータもでていますが、結婚に失敗したくないという気持ちが結婚を遠ざけてしまいます。
せっかく、目の前に男性があらわれても、結婚に失敗したくないことから慎重になりすぎてしまい、結婚まで行き着くことができなくなってしまいます。
結婚するために、結婚相手に求める条件は、アラフォーになったときには、いよいよ絞っていく必要があります。条件を絞るといっても、仲人が何もできなくなってしまうような絞り方をしてしまってはいけません。自分の希望条件を優先しすぎてはいけません。絞るといっても、限定してしまうのではなく、世代が上がっていくごとに希望年収を下げていくのです。例えば、20代の時は、相手男性に年収700万円を希望していたとします。実際には、20代の女性ほど、相手の男性に高収入は求めていないものですが。30代になったら、相手男性の希望年収を600万円まで下げていく、40代になったら、相手男性の希望年収を500万円まで下げていく、50代になったら、相手男性の希望収入を400万円まで下げていく、希望年収の範囲を狭くしていくということです。

下限が300万円なら、上限を100万円ずつ下げていくと、300万円~400万円と下がっていきます。ここで、もっといけるのではないかと思ってしまうから、希望条件が上がってしまうのです。年収だけではなく、学歴も中卒~大卒なら、中卒~高卒にするとか、身長も160センチ~180センチから160センチ~170センチと絞っていくことです。

女性が年齢があがっていけばいくほど、自分と同じくらいの年齢の男性を希望することから、希望条件の男性の年齢が上がっていくことで、男性は30代の頃より40代、40代の頃より50代と年収が上がっていることが多いことから、高収入の男性を希望しているのではなく、年齢の高い男性に高収入男性が多いので、理にかなっていないわけではないのですが、高収入男性の女性の希望条件が高いことから、若い女性と比べられてしまうと余程何か特技とも言える美貌や魅力がないと太刀打ちできない状況に陥ってしまうからです。条件を絞っていかなくては結婚できなくなりかねません。

結婚できないのではなくて結婚しないんですと言っていて、本当に結婚できなくなってしまう前に、どうして結婚できないのか?そこに気がつかなくてはいけません。

 

 

垣根は相手が作っているのではなく自分が作っている。

Aristoteles

 

 

条件を絞って検索すること、そして垣根を取っ払ってください。

自分で自分を崖っぷちに追い込まないでください。