都知事選をみて思った待機児童問題と少子高齢化社会問題

takebe20160224171315_TP_V都知事選が行われていた東京都。

待機児童問題は、児童を預けることができる施設と人員の不足が、子供を預けたくてもできない親を増やしています。

新都知事が選挙中発言していたように、場所や施設の確保だけではなく、人員の待遇改善を行わなくてはいけません。

都知事選をみて思ったのは、少子高齢化社会問題は、東京都よりも、地方の方が問題は大きくなっていくということです。

高齢者が増えていき、労働者(若い人)が減っていく。

地方と東京では、少子高齢化社会問題に温度差があります。

東京と地方では待機児童問題に温度差がありますが、少子高齢化社会問題は、高齢者を介護する人がいなくなってしまうことも考えなくてはいけません。

今までに世界中のどこの国でも誰も経験したことのないことが、これから日本で起きようとしています。

マリアージュは

今後、少子高齢化社会になっていく函館に住むあなたのための結婚相談所です。

今後、少子高齢化社会になっていく北海道に住むあなたの為の結婚相談所です。

今後、少子高齢化社会になっていく日本に住むあなたの為の結婚相談所です。

少子高齢化社会の未来は、目に見えていないだけの現実です。

これからのことだから、今は見えていないだけの現実です。

今までとは違う日常になります。

東京 待機児童問題>少子高齢化問題
地方 待機児童問題<少子高齢化問題

都会は待機児童問題、地方は、介護施設など高齢者をお世話する人員が不足していきます。

少子高齢化社会の加速によって、今後ますます、地方から企業の撤退、仕事の減少が予想できます。

60分無料相談はこちらから