人口減少問題を考える

161117105854yuka9v9a7603-thumb-autox1600-28726

 

 

20歳~39歳までの女性が減っていくと・・・

函館市は2010年、20歳~39歳までの女性人口30746人です。人口は、279,127です。
函館市のホームページによると、2016年11月終了時点の総人口は265,688人と6年の間に人口は減っていますが、日本創成会議の資料を見ると、このまま収束できない場合、161,469人の人口に対して、20歳~39歳までの女性は12,115人になるのではないかと予測されています。

日本創成会議収束しない場合においてと推計を出しています。
高齢化は、少子化に繋がります。

 

若い人と結婚したいと思うのでしたら若いうちに結婚してください。
若い人は、若い人と結婚したいと思っているので、自分が高齢者となってしまった後では、もう遅いということになってしまいます。
また、失業率が下がったとはいえ、非正規雇用者が増えているのが現状。
賃金格差が広がった現代、年功序列ではありませんが、結婚に必要な経済力は、まだ、世代とともに上がっていくものなので、男性も女性も結婚にはもともと若いほうが有利、20代の結婚は、理想的な結婚と言えると思います。あくまで理想ですが。

人口減少、一極集中、少子高齢化社会は、身近で感じることができる問題です。
今は若くても、10年後、20年後、高齢化社会の高齢者側に回っていきます。
年をとらない人はいないので、1年、また1歳と年齢を重ねていくので高齢者が増えていきます。

マリアージュは、Uターン・Iターン、Jターン婚活も全国も可です。
詳しいことは、ブログではお伝えしきれません。一度、面談にお越しください。