北海道独特の言葉の用い方について

The_night_view_from_Mt_Hakodate-2-18MB

(出展:函館市公式観光情報サイトはこぶら)

すごい人ですね。それにしても。ほとんど台湾の添乗員付き団体旅行の人達ですね。
函館は本当に日本有数の観光地です。

北海道の夜景と言えば、恋の街札幌の夜景も相当に美しい夜景だと思いますが・・・。

さすが「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」でトリプルスターと評価を受けた函館山の夜景です。
個人旅行でくる香港からの観光客の皆さんも台湾からの観光客の皆さんも皆さん函館山の夜景は綺麗だとおっしゃいます。

ところで、本題です。
北海道に住んでいる人にしかわからない北海道弁って結構たくさんあります。
北海道で良く耳にする言葉でちょっと気になる日本語はコンビニなどでよく耳にします。
もっと言ってしまうと、コンビニだけではなく、どこででも耳にします。
コンビニに行くとほぼ80%言われます。
後の20%は何も言われません(笑)無言(笑)

 

ほぼ80%のコンビニで使われるもっともよく耳にするちょっと気になる言葉の第一位

 

こちらの方でよろしかったでしょうか?

 

「こちらのほうでよろしかったでしょうか?」

 

いっけん、かなりの丁寧語にも聞こえるこの言葉、スーパーやコンビニなどレジでいわれることが多いです。

「こちらの方でよろしかったでしょうか?」

「方で」は必要ないです。
「よろしかったでしょうか?」って過去形です。
「方で」は東京方面でも営業マンが使っているところをよく耳にしますが・・・。

日本語って難しいですよね。

まるであるあるシリーズですが北海道にはこういう言葉の使い方もあります。

「どちら様ですか?」と聞くと「佐藤でした。」

いきなり完結です。

「でした」

「この放送は、○○の提供でした。」のような番組終了のような感じがします。

「佐藤さんでしたか?」と過去形で聞かれると「今も佐藤ですけど」と言い返したくなります。

「これをやっていたのが佐藤さんだったんだ~」と使うのでしたらふつうですが、いきなり佐藤さんでしたかと過去形で質問されると変な感じがします。
違和感があります。
奇妙な日本語だな~と思います。

「こちらの方でよろしかったでしょうか?」は皆さんの中に使っている方はいらっしゃいますか?

その他の北海道の面白い方言

「ごみを投げる」= ごみを捨てるをごみをなげるといいます。

函館の人は「誰かに住む町きかれたら~はい函館とこたえます~」のゴミ収集車のスピーカー音とともにゴミを捨てます。

「調子こくな」= 調子にのるなという意味です。

よく耳にします(笑)

「おばんでした」= こんばんはです。

「毎度でした」= 毎度ありがとうございますを短くすると、毎度です+前回までの毎度でしたをいっしょに言っているような気もしなくもない?

以上、佐藤でした!

「サッカーよりも家族が大切」By Beckham(イングランドの元サッカー選手)


15-300 x 250 px

14-300 x 250 px