ストライクゾーン広めの方がいいことが多いです

 

baseball_3-thumb-autox1600-24970

 

ストライクゾーンは、広く持っていたほうが、損はないでしょう。
異性のストライクゾーンが狭いことは一見、正統派、正攻法、綺麗目に見えますが、実は、損することになる可能性を秘めています。
なぜなら、ストライクゾーンが狭いということは、それだけ多くの異性をふるいにかけて、落としていくことになるからです。
ふるいにかけて落とした中に、将来の結婚相手が入っていたかもしれませんが、最初の段階で、初期のうちに、はぶいてしまう、眼中から外してしまうことで、逃してしまうかもしれません。

ストライクゾーンが狭いと、後々何もはじまらず、何かが始まる前に終了してしまいます。
ストライクゾーンが狭いと婚活においては、将来好きになっていたかもしれない人との出会いを逃していて気が付いていないということが起こり得ます。

ストライクゾーンが広いと、異性に求めるものが少ない分、出会いの絶対数が増えるので結婚もしやすくなります。
条件が多すぎると、そこに入り込むことが大変です。
沢山の異性と出会っても、出会う人が良い人じゃないと意味がないと思うかもしれませんが、その中に良い人がいる可能性があります。
良い人を逃してしまうより、取り込めるほうが、良い人との出会いになる可能性があります。
相手に気にいってもらうことができたほうが結婚しやすいです。
理想にこだわって探すほうが、良い相手と出会えそうな気がしますが、実は、理想の相手との出会いを逃しているということに。

どんなにがんばって結婚しても離婚する時は離婚します。

理想的な相手と出会えても、ふられるときは一瞬です。

世の中なるようになります。