自覚しているかしていないかでは雲泥の相違が

 

3f1cf3a1b68da59c1441cd5c5d2f71c1_s

 

自分が病気であることを自覚しているかしていないかで、違いがあるように、自覚しているか自覚していないかで雲泥の相違があります。

 

対人関係が下手(苦手)だと自覚している人と、下手(苦手)なのに、自覚していない人は、同じ下手(苦手)でも、対人関係に雲泥の相違があります。

 

自覚しているだけ、まだマシ、自覚できていないと、深刻ということです。
対人関係について書きましたが、精神的な病気の場合にも言えることですよね。

 

病気なのに、気が付いていない、自覚していない場合は、病院に行くことがないなど、本人が自覚してしないがゆえに、病気を治療する機会を失ってしまいます。

 

自覚症状がないと、いつまでも、そのままということになってしまいかねません。

 

婚活においては、本人が自覚していないことで、無意識レベルで、結婚から遠ざかる道を選択してしまいます。

 

頭のどこかに、まだ結婚したくないという気持ちがあり、気がつかない間に、結婚とは逆の方向に進んでしまうのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

何事もゆきづまれば

 

 

 

 

まず、自分のものの見方を変えることである

 

 

 

 

案外、人は無意識の中にも

 

 

 

 

一つの見方に執して

 

 

 

 

他の見方のあることを忘れがちである

 

 

 

 

松下幸之助

 

 

 

 

yuka9v9a8732-thumb-autox1600-28361

 

 

 

部下の失敗は

 

 

 

ただ叱れば良いというものではない

 

 

 

失敗を自覚している時には慰めも又必要です

 

 

 

 

松下幸之助