地方と首都東京の結婚市場の違い

yuka0i9a1561_7_tp_v

地方都市と首都東京の結婚市場には違いがありますが、具体的な違いは、首都東京は、沢山の選択肢があります。
選択肢とは、結婚したいと思う人が沢山いることが一つです。人が多いだけではなく、それぞれの年齢層が多いことで、選択肢は広がります。色々な人がいることも一つです。そして、地方出身者も多く、いろいろな地域から上京してきた地方の人が住んでいます。
人が多い分、結婚したい人が多い分、ライバルも多いのが首都東京です。
結婚したい人が多く出会いも多い東京ですが、ライバルが多く、選択肢が多くなっていることが東京という大都会に住む人々の結婚しない、できない環境をつくっています。
また、実家暮らしも出会える環境を失う要因の一つになっているといわれますが、東京の若者の一人暮らしは、親の目がとどかないことから、結婚していなくてもうるさく言われることがない環境になっており、結婚して束縛されたくない、自由でいたいという若者にとって、結婚しなくてもいい環境を作り上げることになっています。

男性の結婚適齢期は20代後半~30代前半とはいえ、条件次第では、40歳までは売り手市場でいけると思います。
女性の結婚適齢期は20代前半~20台後半とはいえ、条件次第では、35歳までは、売り手市場でいけると思います。
とはいえ、男性よりは女性の方が、売り手市場でいられる期間は短いと思われます。例えば、同じ条件なら美人よりも若い女性の方が選ばれることの方が多いということを挙げることができます。
女性は、24歳までモテモテでも、25歳になったとたん、声がかからなくなったり、35歳と36歳でモテ方が全然違ってくることがあります。
もちろん、35歳の女性と24歳の女性では、選べる男性が全く違ってきます。35歳の女性の方が、沢山声がかかることもあると思いますが、20代女性に声をかけずらい高年齢の男性からが大半を占めることとなります。
以前も少し書きましたが、28歳や29歳は、女性の結婚適齢期であり、20代前半の若い女性とは違い、結婚したい年齢です。
そして、20代前半ほどモテなくなったことを感じてきている年齢です。
男性が、28歳、29歳の女性と出会いたがることも理に適っているといえる年齢であり、女性にとって、特に結婚相談所では、売り手市場です。

女性だけではなく、男性も同じですが、結婚適齢期と言われる自分が売り手市場でいる間に、良い結婚をしておく必要があります。
売り手市場を過ぎて、行き遅れと言われる年齢になってから婚活すると、厳しい現実にぶち当たることになります。まだ、35歳までの女性なら行き遅れとは思いませんが、35歳を過ぎてしまうと、若い女性と比較されてしまうとなかなか太刀打ちできないということになります。
全盛期に婚活しないと、全盛期を無駄にしてしまうこととなりかねません。結婚しない男性と全盛期の20代前半から20代後半まで交際して、30歳になったときに別れることとなることが極端に言ってしまうと、自分が結婚したいと思う理想の男性と結婚できなくなってしまうことになるかもしれないのです。一日でも早く婚活をはじめたほうがいいという意味は、一つや二つではないのです。

結婚市場においては、結婚相談所に限らず、若い方が有利に婚活を行うことができて、自分の結婚相手の理想に近い人と結婚できます。
都会よりも地方都市の婚活市場の方がより一層、有利に働くと考えられます。逆をいうと、地方都市の婚活市場のほうが、年齢を重ねていくほど不利に働くことが考えられます。

函館の結婚相談所マリアージュの現在のキャンペーン価格

入会金1万円事務手数料5千円月会費無料お見合い料5千円成婚料20万円
お見合い料はお見合いが決定した時の費用、成婚料は結婚が決定した時の費用の成功報酬体系です。初期費用は入会金と事務手数料の1万5千円です。

詳しくは料金案内をご覧ください。