お見合いで結婚する!お見合い巧者最強のコツは自分で考えて行動して写真と顔が違っても思っていたイメージと違っても何がおこっても適切に対処すること

saya160104294609_TP_V

 

最も勇気ある行動とは

 

 

 

自分自身で考えることなのです

 

 

 

声を出して

 

 

 

 

Coco Chanel

 

 

 

仕事と同じで、お見合いも自分で考えて行動し、対処できる人のほうがお見合いも上手くいきます。
お見合いだけではなく婚活全般に言えることですが、言われたことをやるだけや、言われたことができないと、仕事と同じでスムーズにいきません。

お見合いに関しては、昔のお見合いと違い親や仲人が同席しない(仲人は立ち合いますが、つきっきりではない)ので、お見合い中にアドバイスやサポートもできません。本人が自分で考えて行動しなくてはお見合いが成り立ちません。

仲人業をやっていると、ここはこうした方がいい、こうしないほうがいいということが見えてくるので、客観的に冷静に見ることができるため、アドバイスをしたくなるものです。
仲人が会員に作戦を伝授したり、何か吹き込んだりしたくなるものですが、マリアージュは、会員の皆さんには、基本、真向勝負をしていただいております。
下手な作戦は立てません。ややこしくなるし相手が何を考えて何を言ってくるかわからない状況で唐突に言ってくることに100パーセント対処することは難しいものです。

作戦が失敗することでお見合いが失敗してはいけません。
作戦失敗イコール、お見合い失敗となりかねません。

写真だけではわかるわけもないので、実際に、お会いしてみて、相手のことがわかったときに、結婚相手として相応しくないことを交際前、もしくは結婚前にわかることができてよかったと思えることが必要です。よくわからないからと逃げたくなって、断ってホッとすることも成長しないのでよくありませんが・・・。

そして、お相手が自分にとって結婚相手として相応しくなかったと思うこともあれば、お相手に自分が相応しくないと思われることもあれば、お見合いがつまらないと思っていても、自分にも原因があったり、逆に自分がつまらないと思われることもあることをわかった上で行動していかなくてはなりません。

お見合いをするまでは、人任せでできますが、お見合いをしている最中は人任せにできません。
自分で考えて行動できるかどうかがお見合い結果につながり、幸せにつながります。

もちろん、それがすべてではありませんが。すべてに言えることではありませんが。

余談ですが、案外、お見合いの場でわかる(わかってしまう)ことの一つに、自分がされたら怒る、もしくは気分を害することをお見合い相手に(普段なら他の人に)してしまうことです。ですが、普段からその人がそういう人なのに、わからないことの方が問題なので、お見合いの時にわかることはラッキーです。

お見合い中も交際中も気が付かないまま、結婚してしまうよりは良いはずです。

 

 

 

 

他人からされたら怒るようなことを

 

 

 

 

人にしてはいけない

 

 

 

ソクラテス