ガチャキリされてあたりまえ!?アポを入れてもらえるだけで幸せだと思え!?

imarizazen0i9a7332_tp_v

結婚相談所ってこんないいところなんだ!仲人ってこんなに良い人なんだ!と思ってもらう為に日夜奔走しております。
合コンよりも友達の紹介よりもパーティーよりもいいと思ってもらいたいと思っています。
そのためには結婚してほしいと思っています。
そして、結婚する為にはお見合いしてほしいと思っています。

結婚相談所とはどういうところなのかと想像したときに、マッチングサービスのイメージを思い浮かべてしまうとちょっと違います。マッチングサービスと似ているのですが、ちょっと質とやることがちがいます。
この会員とこの会員は年齢も職業も学歴も年収も容姿も釣り合いが取れている、お見合いをさせてみようと思ってお見合いさせたからといって、そのお見合いで意気投合、結婚まで一直線ということではありません。一直線の時もありますが、すべてではありません。
結婚できる相手とお見合いできるとは限らないので、お見合いは、一回ではなく、二回、三回としていく必要がある場合があります。
一回や二回で決まるわけがない、十回でも二十回でもお見合いするくらいの気持ちが必要です。

合コンやパーティーでは一度に10人から20人と出会えます。
その10人から20人を一人ずつ会っていくような気持ちが必要です。
一回で結婚できるとは限らないのに、一回目のお見合いが上手くいかないからといって諦めてはいけません。
全員とお見合いさせているわけでもなければ、無理にお見合いさせているわけでもないのですから。
やみくもに、お見合いした相手と交際したほうがいいとすすめているわけではないのですから。

昔営業やテレアポを経験したことがありますが、テレアポって、ガチャキリがあたりまえと言われています。
(結婚相談所ではテレアポも営業もしていませんよ~)
テレアポって、200件に1件か300件に1件は、ガチャキリされます。
ガチャキリが少ないことで有名な佐藤も「お忙しいところ恐れ入ります」のお忙しいところくらいまでしか言わせてもらえずに、ガチャキリされたこともあります。
そのくらい、話を聞く気のない人に話を聞いてもらうことって大変なことです。
ガチャキリが200件の1件目だったと思うこともできるはずです。
1回目のお見合いがなんらかの事情で上手くいかなかったからといって、2回目のお見合いをしないなんて、テレアポでは考えられません。
結婚相談所とテレアポはなんの関係もありませんが、少なくても、結婚願望のある人リストの写真やプロフィールをみて、アポイントをとって、約束の時間にお会いして、話す時間まで決まっていて、1時間なり2時間なり話ができるのがお見合いです。
営業の得意な人なら簡単に結婚してしまいそうなくらいなものです。3件お見合いして3人と交際が決定しましたなんてことだってあり得なくはないんです。本当はお見合いって効率よく結婚するために考えられた昔ながらの方法なんです。ちなみに広く浅く攻めることに適しているのがテレアポです。狭く深く攻めることに適しているのが飛込みです。
お見合いや結婚相談所は、結婚の最短ルートなんだけど、遠回りしてしまって、空回りして、自分で墓穴を掘ってしまい、契約できなくなってしまっているだけなんです。すべてではありませんが、一概にはいえませんが。

営業をやっているとびっくりするくらい、適当な営業マンっているものですよ。佐藤のことではないですよ。センスがないのにグウタラしていたら、首になってしまいますからね。

小さな数人しかいないようなベンチャー企業?個人アドベンチャー?に、前の会社でマネージャーやっていたとか営業部長やっていたとか言って採用されて、一人で営業を取り仕切って、営業を任されて、何人かのアポインターにアポをいれさせて、電話でやります、契約しますと言った人のところだけ契約を取りにいくという人もいます。アポインターがアポを入れなければ取れていない案件ですが、手柄は紙に書いてもらった自分、電話だけで済ませて、普段は、家にいたり、漫画喫茶にいたり、彼女とデートしてたり、本当に電話して紙に書いて送ってくださいと言える相手だけを相手にするような・・・
アポインターが一生懸命とったアポも美味しいと思えるような内容でなければ、訪問どころか電話すらしない、あ、寝過ごした、電話しとけばいいかくらいの・・・電話すらしないくらいの。
行ってみなければ美味しいアポかどうかもわからないのに・・・

言うことだけは、一貯前で、どこかできいたことのあるような言葉をはっしてみたり、自分と同じトークができれば、電話だけで完結できるということだ。といってみたり・・・いってることとやってることがチグハグだったり・・・

じゃあ自分で電話してとってみてくれませんか?

アポを入れてもらえるだけでも幸せなことだと思いますよ?

まったくとんでもない営業マンもどきっているものです。

とんでもない悪徳企業?個人?ってあるものです。

マリアージュが小さいからって馬鹿にしないでください。

大きい会社、大きく見せかけている会社に馬鹿にされてボったくられるのとどっちがいいかってことです。

もちろん、たくさんの人に買っていただくのではなく、断られてもいいかからボッタくりしてみて、一人のカモを捕まえてたくさんせしめるやり方で、いいアポっぽい(行ってみなければいいかわるいかわからないもの)ものしか電話しないクローザー(何故、このポジションにいるのか不思議)が最後にいては何ヵ月やっても1件も獲得できないことは言うまでもありますまい。

そのやり方では獲得できないのもあたりまえ・・・

かかってくる営業の電話にろくなものはありません(笑)

わたくし佐藤からの電話だけに出ていればそれでいいんです。

昔の話ですが・・・まだケツのあおかったころのことですが・・・キャンペーンのエースから営業に移ったばかりのことですが・・・

アポを入れてもらえるなんて・・・

埼玉県熊谷市の暑い夏の7月8月をテレアポ要員1名、営業要員1名の1セットで、2か月の間に数多くの空アポを入れられて、駅から往復1時間の距離を歩いていって、玄関先で「え?断ったのに、きたの?たいへんだね~」「○○さんなんていないよ」の連発でいつの間にか周りは、良いアポを貰って、件数をあげていっている中、公衆電話でアポが入っているか確認して入っていなければ入れなおしてみての繰り返しの中、飛び込みで、1位タイまで上り詰めた人間から見ると物凄く羨ましいことなんです。
アポっていうのは、担当の名前を聞いて、時間と日時を設定して、訪問したら、はるばるおいでくださいましてありがとうございます。の一言くらいあって冷たい煎茶かアイスコーヒーがでてくるもののことを言うんです。
玄関先で、え?断ったのにきたの?なんて言われるのはアポでもなんでもないんです。
逆に怪しまれるからやめてほしい・・・キャラもあって、大変だね~こんなところまでーですみましたけど、そんなのにくらべると飛び込みの方が百万倍マシです。

空アポしかいれてもらったことがない人間からみると羨ましい限りです(笑)

もちろん、そんな奴のためにテレアポなどはしませんでしたよ。この優秀なアポインターのアポなんてもったいないので!

自分と同じトークができればって・・・

アポインターよりクローザーが上でなければ、絶対に上手くいきません。

ましてや悪の片棒を担いではいけません。

なんで、こんな給料泥棒を越えているような営業を雇っているのか不思議な会社?でしたが、見たことがあります。
とんでもないところってあるものです。知らないだけで。気が付かないだけで。

結婚相手はお金で買うものではない

IMARIC20160805312216-thumb-autox1600-26016

センスってお金で買えるものではないんですよね、結婚もお金で買えるものではないと思います。
あたりまえですが、結婚相手にお金を払うのではなくて、結婚相談所にお金を払うんです。
結婚したいから結婚相談所にお金を払うんですよね?
どちらにしても、結婚相談所がいうのもなんですが、いい結婚相談所に入所するほうが身のためです。
マリアージュは良い結婚相談所だと思っていただけるといいな~と日夜試行錯誤しております。

結婚相談所にはお金では買えない価値があります。
マリアージュは日夜、お金では買えない価値があると思っていただくために奔走中です。

函館の結婚相談所マリアージュの現在のキャンペーン価格

入会金1万円事務手数料5千円月会費無料お見合い料5千円成婚料20万円
お見合い料はお見合いが決定した時の費用、成婚料は結婚が決定した時の費用の成功報酬体系です。初期費用は入会金と事務手数料の1万5千円です。

詳しくは料金案内をご覧ください。