なにがあるかわからないのが人生です

otakebegirl_tp_v-1

なにがあるのかわからないのが人生です。
いいこともあればわるいこともあります。
近年、バブル崩壊やリーマンショックもありました。
これからも同じようなこと、それ以上のこともあるかもしれませんが、先のことは誰にもわかりません。
わからないことを考えても仕方ないのですが、わからないなりにも、打つべき手を打つ、やるべきことをやっておく、もっと言ってしまうと結婚したいなら結婚しておく。
結婚を一朝一夕にはできないと思うので、準備が必要です。準備ができたら行動です。
準備と行動が必要で、結婚という結果を出すには、計画も必要です。
人生設計に結婚を入れて行動してください。
1年後か2年後には子供が欲しいと思うなら、結婚したいと思うなら、今から行動しなくては、結婚が遅れていく可能性があります。
人生設計に結婚が入っているなら、その結婚の時期はなるべく早い方がよく、婚活をはじめるなら1日でも早い方がいいんです。
一日でも早く出会ったほうがいいんです。
結婚相談所は、人生設計の中の結婚という計画の部分で、結婚が遅れないようにという考えで行動するにはいいことがあります。
お見合いをして、できるだけ多くの人と出会っていくことで、お見合いというと堅苦しいかもしれませんが、一日でも早く、一人でも多く出会っていくことが良縁につながります。
以前もブログに書きましたが、結婚相談所の欠点は、写真で選んでしまうこと。
不動産と違って、人と人が家を売ったり買ったりするのではなく、人と人お互いが結婚するかどうかを決めるので、釣り合いが取りづらいのが結婚です。釣り合いがとれていなくても成り立つことがあるのも結婚です。
釣り合いがとれていない二人でも、会ってみるとフィーリングがあって、いいカップルになることもあると思うのですが、会わないことで、お見合いをしないことで、結婚という結果が出ないことです。
これも以前にブログに書きましたが、結婚相談所のお見合いのように、10人いたら、10回にわけて一人一人順番に会っていくことが恋愛・結婚サービスの中で最高の婚活だと思います。いやらしい話ですが、婚活サービスのシステムの中で、一番、お金をもらっていいサービスだと思います。

もし、今後、バブル崩壊やリーマンショックのような、いえ、それ以上のことが起こってしまって、経済に影響がでて、例えば給料が下がってしまったりして、結婚を先延ばしにしなくてはならなくなることもあれば、結婚して子作りをしようと思っていたけど、旦那さんの給料だけでは足りなくて、パートを探したり、就職したりしなくてはいけなくなると、子作りを後回しにしなくてはいけなくなるかもしれません。
結婚や子作りは、なるべく後回しにしないで、どちらかというと、できるだけ前倒しにするくらいのほうが後々、いいはずです。
一寸先は闇という言葉があります。先のことはわからないものですが・・・

 

 

 

takebe_fishon_tp_v

 

 

愚者だけが自分の経験から学ぶと信じている

 

 

私はむしろ、最初から自分の誤りを避けるため、他人の経験から学ぶのを好む

 

 

ビスマルク

 

 

 

自分1人の経験から来る考えは、局地的で狭い範囲のことであり、沢山の人の経験と比べると、一人の経験は少ないです。
自分の少ない経験からくる考えよりも、歴史を見ることで、広い範囲の見解を出すことができるのです。婚活は、早め早めの前倒しくらいで丁度いいと思います。

将来何があるかわからないので、歴史を学ぶことも必要です。
結婚や出産についても意外と経験談を語る人は少ないものなので、貴重な経験談を元にある意味歴史から学ぶ必要があります。結婚も人生にとって大切なことだと思うのでしたら結婚や出産も歴史から学ぶべきです。

忙しい人ほど、時間を作るといいます。
忙しい人ほど、結婚相談所で婚活することをおすすめします。

結婚を先延ばしにしていると、実はある意味、お金よりも大切な時間を無駄にしてしまいます。
過去には戻れません。

明日になると、今日には戻れません。
30代になると、20代に戻ることはできません。
今30歳なら30歳として婚活するしかありません。
出産も30代でするしかありません。31歳になるまでに結婚するくらいの考えと行動が必要です。

今、婚約者や恋人がいないのでしたら、出会うことからです。