若いうちにしておいたほうがいい3つの大切なこと

flowergirl20160902000418_tp_v

 

男性は、年下女性を好む傾向にあるので、30代の男性も40代の男性も50代の男性も結婚相手には35歳までという条件を突き付けてきます。

40代の女性と結婚したいと思う男性は全体の数パーセントと言われています。

40代の女性は、少ない男性の中から少ない出会いの中から難易度の高い婚活を強いられることになります。

3つの大切なことは、人生に余裕ができることでもあります。

 

いつか結婚するなら早い方がいい。

どうせ結婚するなら早い方がいい。

早く結婚するなら希望条件に近い方がいい。

 

男性も女性も若い時に、若くてできるだけ希望条件に近い結婚相手を探すには結婚相談所をフル活用することをおすすめします。

男性の大方の結婚相手の希望条件は、1に年齢2にルックス3,4がなくて5に年齢です。

 

 

1.1人暮らし

結婚してしまったら、1人暮らしする機会を失ってしまいます。離婚すればできますが。

 

 

 

2.結婚

若い時に結婚しておいた方が、自分の高条件のお相手や自分の希望に近いお相手と結婚しやすいので、若いうちにしておいた方がいいです。

 

 

 

3.親孝行

親孝行したいときに親がいないということのないように、早めに結婚、早めにお孫さんを。

 

 

 

 

 

 

バラの季節過ぎたる今にして初めて知る

 

 

 

バラのつぼみの何たるかを

 

 

 

遅れ咲きの茎に輝けるただ一輪

 

 

 

千紫万紅をつぐないて余れり

 

 

 

 

ゲーテ