現在の年金受給年齢が引き上げられることがないとは誰も言っていません

 

yuka0i9a1561_5_tp_v-1

10年以上前から言っていることですが、現在の年金受給年齢は65歳まで引き上げられていますが、年金受給年齢が70歳まで引き上げられ、段階を踏んで?75歳まで引き上げられると噂されています。
日本の財政赤字の発端は、日本国内の金融を過保護にしてしまったことが挙げられます。
財政赤字は、最も裕福な階級からの課税を怠ってきたことにより赤字は膨らみ、バブル崩壊が拍車をかけ日本は停滞しています。
残念ながら、国の成長という意味では希望という希望はありません。
誰も、年金受給年齢がこれ以上あがることはないと言っていません。まさかと思うそのまさかが起こらないとは限りません。
大抵の物事に言えることですが、保証できるものはそうはありません。

大抵のものと同じように、結婚相談所も保証はできません。結婚もそうですが、悪い結婚相談所も良い結婚相談所も「うちは良い結婚相談所です」というにきまっています。誰も「うちは悪い結婚相談所です」と言い張ったりしません。
「うちはいい結婚相談所です」という保証や証拠はお見せできません。成婚という結果でしか「良い結婚相談所です」とは言えません。

結婚相談所マリアージュは、少子高齢化社会や人口減少、年金問題、財政問題など世の中の流れを予測しながら婚活アドバイスをしています。不景気は結婚や恋愛に影響を及ぼします。お金の切れ目は縁の切れ目ともなり得ます。不景気は、間接的にも直接的にも離婚率の上昇につながります。

社会情勢に強いマリアージュは、今後、北海道、東北の皆さんの婚活を力強く後押しさせていただきます。今後益々、北日本エリアの婚活を担当させていただきます。

10月10日月曜日!今日は体育の日ですね!?

kawamura20160818203014_tp_v

体育の日は、自分にとって、亡くなった父の誕生日でもあるんです。

父にはなんの親孝行もできなかったなーといつも考えています。

お位牌の前に食べ物を置いてみても、生きているときにプレゼントあげてなかったなーと後悔の気持ちが涌いてきます。

孫も会わせることができなかったし、結婚も・・・

なにせ、父が47歳、母が39歳の時に生まれてきた子なので、もっと早く産んでくれればよかったのにと考えて、自分を慰めます・・・

早く結婚して早く子を産みましょう。

それだけが人生ではなく、親孝行ではありませんが、1日でも早く結婚したほうがいいのではないかと思います。

それには、1日でも早く婚活をはじめることが大切です。

父が亡くなる直前、母を頼んだよと言われたのですが・・・

そのことでも父には申し訳ないなぁと思っています・・・

また、別の機会に語ろうと思いますが・・・

こんなこと誰にも言ったことがないのですが・・・

寝たきりの母がいるのですが・・・

mother-429158_640

仲人をはじめてから、「寝たきりになった自分の親(母のことです)でも結婚させればいいべや」と何度か理不尽というか、なんでそういう考え方になるわけ?と思うようなことを何度か言われた記憶がありますが、父がいる母は、父のことが好きだったので、一生父と結婚したままでいてほしいと思っています。お金にも不自由のない人生でしたし、廃れたとはいえ、富山県氷見市から函館に来たひいおじいちゃんの時代は函館では有名な豪邸だったそうで、母はその家の長女として生まれたので、ハイカラさんだった母です。ひいおじいちゃんが函館で漁師として漁業で大成功を収め、母は富山氷見高校を学年トップの成績で卒業後、親に連れられて函館にきたそうです。母は元々函館の人ではないんです。もちろん、こんなこと言うまでもありませんが、父と結婚した母は、もう再婚する気もありません。・・・子の自分もそんなこと考えたこともありませんが・・・これ以上言うまでもありませんが・・・函館という街、色々と難題を突き付けてくるというか、余計なお世話というか(笑)考えさせられますねぇ・・・まるで韓流ドラマのようですね(笑)こんなこと今まで誰にも語ったことがないのですが・・・いつも自分の人生経験を生かしつつ、心の中にひた隠し、他人の人生相談にのってきた人生なので・・・

若くして寝たきりになった母は、若い頃からみんなに美人だと言われてきた母なので、今も年齢よりずっと若くて、美人薄命と言えるのかなと思います。親孝行する前に・・・かわいそうな母だと思います。

「寝たきりの母親でも財産持ちと結婚させればいいべや」と言われると流石に憤慨を抑えられない気持ちにもなりますが、抑えれるようになった自分ってなかなかだと思っています。財産持ちと結婚させるという発想はいったいどこから???自分が貧乏だと他人も貧乏だと思う人がいるので困ったものです。電話の段階で明らかに財産狙いだとわかる人はお断りしております。こんなこと書くとあれかもしれませんが、函館には良識のある男性女性が沢山います。うちの父と母も誇りと思えるほどの良識人でした。一生懸命子を育て、学校の先生をやりながら塾を開き、先生を何人も雇いながら、自分も書道の先生をしていた父、助けていた母、母も編み物教室を開き、下宿屋として常に10人近い学生さんをお世話していました。誰がどう侮辱しようと、父と母は誇りです。みんなが父と母のようなら争いなど起きないと思います。父は理不尽な暴漢に襲われ目をケガしたこともありますが、そのとき、まだ、子供だったので、なにもできませんでしたが、父は冷静に対処していました。どんなに理不尽なことにも冷静に対処できるようになりたい、できると思っています。

 

father-and-son-1153919_640

結婚したい、結婚できると思っている方、是非、お越しください。
函館はまだまだ会員が少ないものの、オープンしたばかりなので当たり前だと思ってください。
これから、会員が増えていくので、今のご入会は特典があると思ってください
函館は観光地ですが、不景気な街でもあります。しかし、不景気だからと、諦めたらそこで終わりです。こんなところで結婚相談所やったってうまくいくわけねえべと言っていたらそこで終わりです。終わりませんけど。
今はなんと言われても仕方がないのかもしれません。残念ながら理事長が選ぶ仲人にも選ばれませんでした・・・
函館じゃなくて札幌なら・・・と言われようと、札幌ならカリスマになれたかもなと言われようと・・・正直、悔しいです!
が、今はなんと言われようと、皮肉を言われようと、意地悪されようと、そんなの皮肉をいう性格だから皮肉をいうのであって、意地悪な人だから意地悪なのであって、会員にしなければいい、全く関係ない人なのですから・・・役に立たない仲人ではなく、佐藤がいたから結婚できたと言われるために、会員となってくれた方が結婚できるようにがんばるだけです。
自分を信じています。自分の能力を信じています。自分を函館のために役立てようと思っています。自分はそんなことを言われて仕方のない人間ではないと自分が一番わかっているから・・・

東京にいるころは、よくお客様に言っていただきました。

「佐藤さん(くん)だから契約したんだよ、佐藤さん(くん)は他の人と違うと思ったから話を聞いたんだよ、他の人は全部話も聞かないで断ってるんだから、自信持ってがんばりなさい」

本当に優しいお言葉でした。東京には、自分よりも優しい人、いい人が沢山いました。

お客様に育ていただきました。

それは、函館でお店を開いていたときも同じでした。特に海外からのお客様たちがこのブログを見ることはないと思いますが、沢山の外人の皆さんに磨いてもらい、心洗われる想いでした。

本当に沢山の方に優しいお言葉を言っていただきました。

皆さんの想像を軽く越えるくらい沢山の方にです。

よかったら、想像してみてください。

その想像した数が30人ならそれに×3をした数を軽くこえます。

大小ではありませんが、小さなことを含めると、対人してきた数を考えると軽く1000人は越えるでしょう。

何千、何万人の方にお世話になってきました。

おかげさまで、こんな営業をとったら何も残らないどうしようもない男が、今でもいっぱしの自信を持つことができています。

この場をおかりしてお礼を言わせてください。

今仲人としてがんばっています。

ありがとうございます。