結婚したくない人は極一部

0i9a7278_tp_v

結婚してよかったと思う時はどんな時かという質問には、様々な回答があります。色々な回答がある中で、1人暮らしのお年寄りを見た時に思うという人がいます。結婚しないという選択もある現代の結婚事情。
今、結婚しないという選択をすることが、将来、後悔をすることにならないとは限りません。

%e6%9c%aa%e5%a9%9a

 

厚生労働省の結婚に関する意識調査によると若者は、決して結婚したくないわけではなく、結婚したいと思っています。

 

若者は結婚したいと思っている そもそも若者自身は、結婚したくないと思っているのだろうか。ここでは結婚に対する 考え方について見ていきたい。 国立社会保障・人口問題研究所が行っている「出生動向基本調査」*6によると、「いずれは結婚しようと考える未婚者の割合」は、図表2-2-12のとおりである。1982(昭和 57)年と比較すると男性は9.6ポイント、女性は4.8ポイント減少しているものの、9割 弱で推移しており、依然として高い水準にある。若者の結婚願望は決して低いわけではない。

 

結婚しないという選択肢がある現代、昔と違って、簡単には結婚できなくなっている現代、いつか、結婚という選択をするのでしたら、若い時に婚活をしておいて損はありません。
婚活の方法も色々ありますが、結婚相談所は、結婚希望者同士のお見合いをすることで、結婚のお手伝いをしています。
結婚できないかもしれないという不安があってもなくても、ほとんどの若い人が婚活するべきだと思います。
結婚できるかできないかの多くは、職場恋愛、学校関係の恋愛から成立しています。
他の選択は、何もしないか、婚活するかのどちらかです。
婚活しても結婚できるかわからないのに、何もしないと不安は大きくなっていくだけです。
時間が過ぎていきます。
若い方が有利な婚活は、早く婚活をはじめるほうがいいんです。