結婚相談所のイメージは覆ります

 

bsBIS151026273816

 

結婚相談所で婚活するには、ある程度の費用は必要です。物ではなく人だからです。人間と結婚するのですからあたりまえのことではあるのですが、比べるところがないので、高く感じてしまうこともあるかと思います。ですが、お金を掛けないで婚活することはできません。誰でもいいなら話は別かもしれませんが、基本、婚活や恋愛をお金を掛けないで行うことはあまり考えられません。わかりやすく説明すると、カーディーラーで、自動車を売っているとします。中古、新車問わず1台100万円~500万円くらいで売っているとします。人間は、カーディーラーに限らず、どこにも売っていません。敢えてあたりまえのことを説明させていただいております。人間はどこにも売っていないのです。芸能とか、風俗とかホステス、ホストなどは別ですよ。人間をある意味商品として扱っているところは人間に付加価値をつけて高く見せていますが、それでも売っているわけではありません。それは違います。一時的に拡散している、もしくは、レンタルしているようなものです。売ってはいません。人間はどこにも売っていません。もし売っていたとすると人間の相場は、そうですね~、下手すると1億円では買えないんじゃないでしょうか?
例えば、あなたに1億円上げるから売ってよと言われて1億円もらえるからと売り物にはならないはずです。
1億円でも安すすぎるのが人間の価値です。物とは違います。動物園の人気者パンダは10億円以上するらしいのですが、これを言ってしまうとパンダに怒られてしまうかもしれませんが、人間の値段はもっと高いはずです。10億はくだらないのではないでしょうか?
ただ、1億円払うと言われたら悪い気はしないでしょうね。また、言われる相手にもよりますよね。逆に、お金を払ってでも結婚したい人もいるでしょう。
「ぼくのお嫁さんになってもらいたいんだけど幾ら必要?手付金として1億円じゃ足りないかな?」
別れることはあるかもしれないけど、一生ものですからね、1億円では足りないでしょう。
男性も女性も、ホステスやホストにはまる人っていますよね?ホストも超イケメンとかいますから、どんどんつぎこんでいる女性もいますよね?男性も奥さんに内緒で毎晩ホステス通いしていたりしますよね?風俗通いしている男性も多いですよね?じゃなきゃあんなにお店がいっぱいあるわけないですからね。テレクラに通って、女性を探している男性も沢山いますよね?女性も男性ほどではなくてもいるはずですよね。お金も必要なはずですよね。出会いにお金は必要なんですよね。男性も女性も、異性に対してお金を使うことってありますよね?男性はデートに誘って、お金出しますよね?女性は、ご馳走してもらえるほうだから、自分磨きや、ホスト通いにお金使いますよね?ホストもホステスも仕事ですから、そう簡単に結婚はできませんよね?他にもお客さんがいっぱいいるはずですから、いくらお金をつぎ込んでもそう簡単にはいきませんよね?結婚相談所は、そんなに高くないと思いませんか?結婚相談所は、お金で結婚を提供しているわけではありません。
決して高いとは思いません。そして、そこは、お金をケチるところではありません。結婚相談所は、どちらかというと一度の支払いが高いかもしれません。パーティーや合コンは一度の支払いは比較的やすいかもしれないけど、何回も重ねていくうちに結局高くつくことになることが多いもの。
人間を売っているとか売っていないとかではなく、お金に換算したら高いものをケチってはいけません。
男性は、高学歴、高収入、高身長のほうが、お見合いの回数も増えるし、結婚相手に選ばれやすいのですが、それだけでは選ばれないこともあります。逆に高学歴、高収入なんだけど、身長がちょっとと言う方も、それ以外のものでカバーできれば、結婚相手に選ばれやすくなれます。
結婚相談所の会員さんは、モテない人ばかりではありません。
中にはモテない人もいますが、あなたに魅力がないと相手にしてさえもらえない、お見合いさえしてくれない人もたくさんいます。そんじょそこらにはいない魅力的な人もたくさんいます。
誰か良い人いたら紹介してよと言われたことがありますが、紹介できるレベルではない人もたくさんいるし、価値のあるものをタダで手にしようという甘い考えではいけません。タダで紹介してもらいたいなら誰かいい人いたらではなく、誰でもいいから紹介してよと言い直すべきです。
結婚相談所に偏見や思い込みをもっている人がご入会すると、驚かれると思います。入会前に思っていたイメージは覆るでしょう。覆らない人は、余程の人か、逆に自分を過信して勘違いしている人でしょう。人様という概念がなく自分様の人でもなければ、お客様は神さまではなく自分が神さまだと思ってでもいなければ結婚相談所にもっているイメージは変わるはずなんです。

函館の結婚相談所マリアージュの現在のキャンペーン価格

入会金1万円事務手数料5千円月会費無料お見合い料5千円成婚料20万円
お見合い料はお見合いが決定した時の費用、成婚料は結婚が決定した時の費用の成功報酬体系です。初期費用は入会金と事務手数料の1万5千円です。

詳しくは料金案内をご覧ください。

結婚相談所のポジション

 

優先順位の低いことを

 

 

いくら上手にやっても

 

 

それは時間、才能、労力

 

 

資源のムダになってしまう

 

 

 

Carlos Ghosn

 

SAYA151005348707_TP_V

 

結婚相談所にはモテない人もいます。
モテない人もいるその分、チャンスもあります。
黙っていてもバンバン告白される競争率激しい女性に告白しても自分を選んでくれる確率って低いですよね?
モテない人もいる分、チャンスもあるという意味は、モテない人と比べると有利とかそういうことが言いたいわけではなくて、モテない良い男やモテない良い女もいるという意味です。つまり、モテないにもいろいろあって、職業柄モテない人もいて、そういう人が結婚相談所で婚活しているからチャンスなのです。
良い男、良い女がモテないからチャンスがあるんです。
そして、結婚相談所にモテない人が集まっているのではなく、結婚相談所だから探しやすい特典があるんです。
普段、出会いの少ない人と出会うチャンスがあるんです。
出会いの少ない職業についている方との出会いって、なかなかないですよね?出会いがないんですから。
研究所のエンジニア、医者、弁護士など、仕事が忙しくて、出会いもない人がどうやって結婚するかって、結婚相談所ですよね。昔と違って親がお見合いをもってきたりすることのない時代、出会いがない仕事をしている人が出会いをつくるには結婚相談所って有効ですよね。女性もそうですよね。美人だからこそ、高嶺の花と周りから思われてしまったりして出会いのタイミングを失ってしまったような人が結婚相談所に入会する時代です。
昔はお見合い結婚がほとんどだった日本、恋愛結婚はご法度でした。
それが、ここ数十年、恋愛結婚の台頭とともに、偏見や誤解などから、特に女性会員は結婚相談所に入会するとモテないから入会したと思われてしまうということもあってか、男性の割合が高いことが続いていました。
ところが、女性も気が付きはじめました。
元々、日本はお見合い結婚が主流だった国、結婚したくなくても、親が結婚を決めて結婚させていました。
今は、恋愛結婚が主流になり、結婚したくなければ結婚しなくてもよくなりました。
結婚したい人も結婚しない人の台頭により結婚しづらくなってきました。
男性の方が結婚適齢期は高く、女性は若いうちではないと子供を産めません。
つまり、どんなに魅力的な男性と交際していても結婚しない男性と付き合っていては、子供を産むチャンスを逃す可能性もあります。男性は、20代の女性と付き合っていて、女性が30代になったときに別れて、新しく20代の女性を見つけることもできますが、女性のポジションは男性のポジションとはちょっと違いますから、男性ほど悠長に考えてはいられません。20代、遅くても30代のうちには結婚相手を見つけて子供を産むことを考えなくてはいけませんから結婚相談所の女性会員が現在、増えています。結婚相談所によって割合は違いますが、女性比率の多い結婚相談所も多く男女比がなくなってきています。
結婚相談所には、決してモテない人ではないんだけど、出会いがないことで(特に職場に異性がいないとか、忙しいとか、仕事優先とか)モテない人という結果となってしまった人が婚活しているので、中には、そんじょそこらにはいないような魅力的な人もいて当然ということです。また、結婚相談所には、友達や仕事場では良い関係を築けるけど、恋愛と交友関係、仕事関係は違うので決して結婚がむいているとかむいていないとかではないんだけどうまく結婚までいけなかったというような人もいます。
恋愛に対して奥手なだけであることが多いので、結婚相手としてとても魅力的な方が、結婚相談所で婚活をしています。
結婚相談所として、結婚相談所のポジションは、結婚したい人と結婚したい人に本当に何をどうすればいいのかを教えて差し上げることができる位置にいなくてはいけないと考えています。

結婚相談所は、物を売るのでも人を売るのでもなく、結婚を売ることが仕事です。
結婚したい男女に結婚を前提とした出会いをプロデュースします。
そして、塾と家庭教師は家庭教師の方が、高いですよね?
基本、どんなに優秀な塾講師に払う料金よりも一人の家庭教師に支払う料金の方が高いはずです。
マンツーマンが一番高くて、高い費用を払ってでも、お世話してもらう必要があるからです。

マリアージュの料金体系は、成功報酬制です。
結婚したときにお金はいただきますが、結婚していないときは、極力いただかないようにしています。
物を扱うのではなく、どこにも売っていない人を扱う仕事だから、成功報酬制であなたの結婚をサポートします。

 

20代はアッと言う間に過ぎ去ります

 

 

結婚したいなら急ぐべきです

 

 

30代は光の速さで過ぎ去ります

 

 

20代の時よりも急ぐべきです

 

 

40代はあると思わないでください

 

 

39歳の次は50歳です

 

 

今時、30代で独身は普通です

 

今時は30代の独身が沢山います

 

ですが40歳になったときに独身が少なくなっていたとすると

 

30代のうちから婚活を始めているべきではないでしょうか?

 

30代でアルバイト生活、就活していなくて今が楽しいからいいと言っていると正規雇用の人から、そろそろやばいんじゃないの?と言われることってありますよね?そろそろ就活しないと就職できる範囲が狭くなると。年齢制限があることもあるし中途採用には経験が必要ですよね。
周りに独身が多いし今が楽しいからまだ結婚しないと言っていても周りも気を使ってそろそろやばいんじゃないの?と言ってくれなかったり言われても気にしないことってありますよね?
就職もまだ大丈夫という気持ちってあると思うし結婚もそうですよね。周りに独身いっぱいいるし、上には上がいるしと気持ちに余裕がある分、まだ経験したことのない40代に入ったときに、急に余裕がなくなることってあると思います。結婚相談所がいうのもなんですが、30代後半に入ったら婚活をはじめておいて損はないと思います。20代で婚活をはじめる人も沢山いるのですから、尚更です。結婚事情において昭和前半と昭和後半が違ったように、結婚事情において平成と昭和はちょっと違います。江戸時代と現代ほどの違いはなくても、ほんのちょっとのわずかな違いが大きな差を生むことってあるんです。

 

 

 

 

挫折を経験した事がない者は

 

 

 

何も新しい事に挑戦したことが

 

 

 

無いということだ

 

 

Einstein