交際に入ってから気を付けるべきこと

a0002_010597

結婚相談所にご入会後、お見合いをして交際に入った時に気を付けるべきことがあります。
交際中、何を気を付けるか?
それは、交際相手に依存しないことです。
好きだからを理由にメールを沢山送ったり、メールが来たら電話をしたり、メールが楽しいから、メールでもっと距離を縮めたいから、好きになってほしいから、
好きな気持ちを伝えたいからと自分都合で相手が今何しているかを知りたいから相手が何しているのかを考えないで長電話したり沢山メールを送っていると、お相手が断れない人だったり、人が良い人だったりする場合、好きではなくても返事をしたり、電話に出ないと電話にでなかったと言われるから、電話に出てあげなくてはいけないと思ってしまったりします。
返事がくるし、電話も出てくれるので、満更でもない、嫌いなら出ないはずと考えがちですが、電話に出てあげているだけだったりします。
相思相愛でも、もっと言ってしまうと、相手が結婚したいと思っている人であっても、余りにもメールが多かったり、メールの返信をした途端、電話がきたり(メールを返信した今なら電話に出れるはずと思って電話していることがみえみえだったり)するとすれ違いを促進してしまいます。
普通にしていれば上手くいくはずのものがラインが原因で上手くいかないことってよくありますよね。
ラインが理由で失恋してしまうことはもったいないですよね。
恋が普通にしていられなくさせたりします。
大抵の場合は結婚するまでの話だとは思うんですけどね。
結婚してからはわざわざラインで会話する必要はないと思うので。
ラインやメールは、電話よりも誤解や違う認識を与えやすいツールです。
電話より手軽だし、電話のようにその時に出なくても、後で見て返信すればいいので、返事をもらいやすいということで、チャットのように多様しがちですよね。
そして、長電話の人っていますよね、偏見かもしれませんが特に若い女性に多い(以外と男の方が多いかもしれませんね)と思うのですが、人によっては、長電話が苦手な人もいるので、一度、長電話で一方的に話されたりすると、この人は話が長い人と頭にインプットされるので、この人からの電話に出ると話が長くなるんだよね~と考えて電話にでなくなったりすることがあります。よっぽど暇なときなら出るけど。
大人って、話を合わせてあげたり、気持ちを尊重してあげたりするものだから、一見、楽しく会話しているように思って電話を切るかと思いますが、実は、次から電話に出る頻度が大幅に減ることになります。後で時間のある時に電話すればいいかと思います。またどうせ電話してくるだろうと。そんな時に、余りにも直ぐに連続で電話が来たりすると更に電話に出なくなります。電話に出ることができるときは、電話に出ていたところが、たった一度の長電話が原因で、3回に1度のペースになったりします。毎回長電話だとかなりキツイと思います。電話の内容や環境などにもよることではありますけど。
しっかりと相手のことも考えて、依存しすぎないように気をつけて交際してください。