仕事と育児の両立が求められる女性の結婚

bsOMG151007599299

 

 

仕事と育児の両立が難しい現代日本。

日本は、元々女性は結婚したら家庭に入って子供を産み育てるものだという考えが根付いていました。
専業主婦になることが習慣だった結婚は、近年の日本まで根強く残っていたのです。江戸時代の結婚は親と親同士、家と家同士の縁組が中心でした。親や家都合の結婚でした。親都合で結婚を決めることに丁度いいのがお見合いでした。

江戸時代のお見合いは超現実的でした。嫁入りする家は、経済力のある家、女性は子供を産めなければ離婚もありえるという現実的でほぼ100%親都合の結婚でした。

長きに渡る親都合の結婚と専業主婦の習慣が現代日本と古代日本との間の歪みを作り上げてしまっています。
女性の社会進出が求められていますが、各企業の対応にはまだまだ時間がかかりそうです。
女性は仕事か育児のどちらかを選択しなくてはいけない社会が現代日本です。
結婚か仕事か・・・
今の日本は、どちらをとっても問題が起きる可能性を抱えています。
そして解決するにはまだまだ時間がかかります。

女性の更なる社会進出を求めている日本ですが、どこまで、育児をしながら女性が楽しく働ける職場を作り上げていくことができるのか?
先行きがはっきりとしていない日本の未来。
アベノミクスは女性の社会進出を求めています。

5-468 x 60 px

お見合いは江戸時代の人たちから見るとうらやましい?恋愛を合理的にすすめる方法?

 

FCFG100153346_TP_V

 

そんな現代社会である今を生きる日本の女性には、自宅でできる仕事が人気があります。

家で育児をしながら仕事をしている女性が増えています。

行動しなくては何も起きません。
あなたは時間でなにを買っていますか?

 

江戸時代に恋愛結婚は認められませんでした。
親都合で決められた相手と結婚しなくてはいけませんでした。

今はぜんぜん違います。
結婚相手をご本人が慎重に選ぶことができます。
元々、結婚するためのシステムとして合理的なお見合いを本人の自由意志で本人が使うことができます。
恋愛にはマニュアルも正解も(ない)ありません。
今のお見合いは合理的で自由があります。
江戸時代の人からみると今のお見合いはある意味、いいとこどりだと思います。

女性が仕事と育児の両立を求められている日本。
専業主婦はいずれいなくなると言われている現代、国は女性の社会進出を推し進めています。